お帰りなさいませ!この度はフィッシングご旅行お疲れ様でした。
海外でのフィッシングツアー、そこまでに至るプロセスは皆さんそれぞれですが、生まれて初めて海外で手にするファーストフィッシュ!その笑顔のご報告は嬉しくてなりません。 フィッシングツアーは自然が相手にした要素が含まれている為、どんな結果になるか予想がつきません。 なので基本情報(シーズン、潮、状況、旬なルアー、最近の傾向や対策など)をお客様に提供させて頂くのは当然の事ですが、お客様から頂いた貴重な情報をフィードバックし常に最新情報を持ってお客様に接しております。 それを可能にするのはツアーにご参加頂くお客様あっての事、その大切な繋がりが過去~未来へのかけ橋になっているんだなと実感し感謝に尽きません。 またチャレンジしてくれるお客様にとって、これから初めてフィッシングツアーに行かれるお客様にとって、良いフィッシングご旅行になりますよう、フィッシュナビがベストを尽くしてコーディネートをさせて頂きます。

フィッシュナビ 八鳥洋二(ハットリヨウジ)

エントリー

ご家族ファミリーGTフィッシング(パラオ)

  • 2017/03/24 20:27
  • カテゴリー:パラオ

20170324203100.jpg20170324203051.jpg20170324203042.jpg20170324203029.jpg20170324203019.jpg20170324203009.jpg20170324202959.jpg20170324202950.jpg20170324202931.jpg20170324202921.jpg20170324202910.jpg20170324202859.jpg20170324202849.jpg20170324202839.jpg20170324202829.jpg

横浜在住のリピーターの赤泊様のファミリーGTフィッシング、お帰りなさいませ。お疲れ様でした!恒例のGTフィッシングツアーですが今回はちょっと特別で赤泊さんの快気祝いを兼ねた家族旅行でした。前回のご旅行で大物を釣らせてくれたお礼の意味を込めて2日目の夜は久米さんを交えてのお祝い会をされ、この「お祝いプレート」は家族からの優しいサプライズに私もウルウルしてしまいそうです。偉大なるお父さんにそれを支えた奥さんと子供たち!その姿に私も学ぶ所がいっぱいあり頭が上がりません。
驚くべきは当時小学生であった息子さんがもう大学生に。フィッシングの方も赤泊さんの遺伝子をシッカリ受け継いでいるようですね。(私自身この仕事をしてていつかは来ると思っておりましたが)10代のお客様がGTフィッシングをする時代に突入しました。これも時代の一つの形なのかと思います。

お客様の大切な人生の節目に携わる責任は重大ですが、お客様一組一組の感動はフィッシュナビの財産でもあります。この度も本当にありがとうございました。ご用命の際にはいつでもおしゃってくださいね。

追伸)
ウチの子供はまだ小さく日々の成長は嬉しい事ですが、同時に自分も歳を取っているのかと気付かされる今日この頃です。

ビックGT出ました(インドネシア・コモド島)

 20170310160751.jpg20170310160801.jpg20170310160812.jpg20170310160832.jpg20170310160823.jpg20170310160851.JPG

リピーターの町田様、ご友人の小菅様のコモド島GT釣行、本当にお疲れ様でした。
町田様のコモドへの釣行回数は数知れず、コモドの海を知り尽くしポイントも熟知されてます。
仮にコモドに一番詳しいお客様は?と聞かれたら、間違いなく町田さんではないでしょうか…と私は答えます(笑)。
何とこの大型GT3本は朝一に立続けに釣られたそうで、この巨大GT3本を相手によく体力が持ったなと驚きを隠せません。タックルだけでなく町田さんの肉体的にも精神的にもまさにコモド仕様ですね。久々にコモドらしいGTを拝む事が出来て私も嬉しいです。因みにランディングされた巨大GT、ここまでのサイズになるともう一人で持ち上げる事はできません。クルーが2人がかりでが掛け声合わせて町田様の膝に乗せての撮影になります。

勿論、サイズだけがフィッシングツアーの価値を決めるものではありませんが、このような大物が釣れたという事実は間違いなく次にご計画されているお客様にとって最高のモチベーションになります。このように事前にワクワクする事ができるのもこのフィッシングツアーの醍醐味であり大切な事であると私は思います。
今回は5泊7日(2.5日フィッシング)でトータル1人でもトータル20本以上の釣果に恵まれました。

この度は本当にありがとうざいました。今後、更なる町田様・小菅様のご活躍を応援しております。

ハネムーン(フィッシング)ツアー in パラオ

  • 2017/02/28 19:06
  • カテゴリー:パラオ

20170302190523.jpg20170302190553.jpg20170302190622.jpg20170302190534.jpg20170302190603.jpg20170302190544.jpg

岐阜県在住の小島様のパラオ(ハネムーン)ツアーお帰りなさいませ。本当にお疲れ様でした。
小島さんは釣歴はかなり長く、パラオでライトキャスティングを楽しみつつ、憧れのGTにもチャレンジされたいとのご希望で遂にパラオハネムーンツアーが実現なりました。
奥さんはビギナーと聞いておりましたが、(いえいえ)とても上手でライトキャスティングでは夫婦揃って良型のハタをはじめ、カツオ、カスミ、多種多彩な魚をキャッチされました。
コジマさんは初のGTチャレンジで見事GTをキャッチ、普段の経験がものをいい終始安定したフィッシングを見せて頂きました。ただ奥さんにGTを釣らせてあげられなかったことが心残りでいつの日か必ずリベンジを…をと気持ちがこみ上げているようです。これも次回の課題という事でモチベーションに頂ければ幸でございます。この度は本当にありがとうございました。小島さんご夫妻のお幸せと今後の更なるご活躍を心より応援しております。

このようにお客様の人生の大切な節目にフィッシュナビをご利用頂く事はとても嬉しい限りでございます。その反面、それだけ責任重大である事を自覚し、弊社・現地共にベストを尽くしてご対応させて頂きます。ご計画の際にはどんな些細な事でもお気軽にお問合せください。

パラオハネムーンフィッシングツアー(ご夫婦でGTキャッチ)

  • 2017/01/05 16:30
  • カテゴリー:パラオ

20170105162540.jpg20170105162554.jpg20170105162632.JPG20170105162647.jpg

宮崎在住の山下様ご夫妻のパラオハネムーンGTフィッシングツアーお疲れ様でした。
今回ファーストGTチャレンジでその意気込満々で挑んで頂きました。
最大の目標であるGT(しかもご夫婦揃って!)を筆頭に、グルーパー、レッドスナッパー、カスミ、ロングノーズエンペラーを見事キャッチ、おめでとうございます。
山下さんの普段のご経験がモノをいいましたね。キャスティングでこの5種制覇はなかなか難しいです!
無事にツアーが終了した安堵感と、ツアーが終わってしまった淋しさが混在する今日この頃ですが、山下ご夫妻からの嬉しいお言葉を励みに今後も頑張ってまいります。
末永いお幸せと益々のご健勝を心より応援しております。改めてこの度は誠にありがとうございました。

初めてチャレンジするお客様には、「GTフィッシングにチャンレジしてみたい」・・と思った時が何よりもビックチャンスなのです。
と私はお客様に言っております。あとはお客様の経験値に応じてガイドが懇切丁寧にアドバイス・フルケアーさせて頂きますので初心者からベテランまで退屈させないフィッシングを志しております。
実際やってみると「こんなに近い存在なのか」と感じて頂けるはずです。

親子でのGTチャレンジツアー(パラオ)

  • 2016/11/01 17:53
  • カテゴリー:パラオ

20170301175011.jpg20170301175025.jpg20170301175036.jpg20170301175048.jpg20170301175059.jpg20170301175116.jpg20170301175127.jpg20170301175138.jpg20170301175148.jpg20170301175158.jpg

静岡在住の佐藤様のパラオフィッシングツアーお帰りなさいませ。本当にお疲れ様でした。
佐藤さんは以前、新婚旅行はアマゾンへ釣りに行くなど異色の経歴の持ち主、フィッシング経験はかなり豊富ですが、GTに関しては初めてとの事でファーストGTツアーになりました。当初は佐藤さん1名ご参加でのご計画でやりとりしてましたが、同じく釣好きなお父様も加わりたいとの事で釣好き親子のフィッシングツアーが実現しました。
お父さんもタイラバ自作するなど本格的な釣師でスロージギングをメインに楽しまれまれカンパチ、カッポレ、シロダイ、ハタ類、多種多彩な魚をはじめ、高級魚のアカジン(スジアラ)も見事キャッチされました。さて、メインのGTキャスティングでは佐藤さんの経験がモノをいい見事3本キャッチ(おめでとうございます)。
ちょっと一昔、パラオではキャスティングが主でしたが、最近流行りのスロージギングも併せて楽しむ事ができるようになりました(掛った魚をサメに横取りされる可能性もありますが…)。今回佐藤さんもスロージギングで多くも巨魚を掛けましたが、やはりサメにやられてしまいました(悔)。

佐藤さんとは半年間のやりとりもあっという間に、そのやり取りにおいても、お仕事柄普段はお忙しいにも関わらず、ご決断が早くいつも前向きな姿勢で(むしろ私が)エネルギーをもらっている日々でした。ツアーが無事に終えた安堵感と終わってしまった淋しさが混在しますが、こればかりは私の仕事の性質上、致し方ありませんね(←と自分に言い聞かせています)。佐藤さんの益々のご活躍を心より応援しております。この度は本当にありがとうございました。

マーレ本島拠点のGTフィッシングツアー

ファイル 290-1.jpgファイル 290-2.jpgファイル 290-3.jpgファイル 290-4.jpg

昨年12月にモルディブで見事巨大GTを釣り上げたリピーター大石様の再釣行、今度はリゾート滞在プランではなくマーレ本島のホテル拠点のフィッシングツアーとなりました。
この時期は雨季にあたり、嵐によりタフなコンディションになりましたが、大石さん持ち前の経験値で見事GTをキャッチする事ができました。後々お話しを聞くと(キャッチには至らなかったものの)巨大GTを掛け船べりまで引寄せたようで大物を呼び出すテクニックは今も健在、流石でございます。
この度も本当にありがとうございました!大石さんの益々のご活躍を心より応援しております。またのチャンスができるといいですね!心よりお待ちしております。

モルディブ・ハネムーンGTツアー(バロス滞在)

ファイル 289-1.jpgファイル 289-2.jpg

長野在住の加藤様ご夫妻のハネムーンツアー、お帰りなさいませ!本当にお疲れ様でした。
北マーレ環礁にある老舗の高級リゾートバロスを拠点にファーストGTを楽しんで頂きました。そして見事ビックGTをキャッチおめでとうございます!
加藤さんご夫妻の末永いお幸せと益々のご活躍を心より応援しております。本当にありがとうございました。

初めてのGTチャレンジ、でも内心本当に釣れるかな~と心配されているお客様にいつも言う事があります。
「GTフィッシングにチャンレジしてみたい」・・と思った時が最大のチャンスなのです、そう私はお客様に言っております。あとはお客様の経験値に応じてガイドが懇切丁寧にアドバイス・フルケアーさせて頂きますので初心者からベテランまで退屈させないフィッシングを志しております。実際やってみると「こんなに近い存在なのか」と感じて頂けるはずです。フィッシングボートが大幅にグレードアップし、船体は大きくなりキャビンもトイレも付いておりますのでより快適にフィッシングができるようになりました。

結婚記念日のパラオフィッシングツアー

  • 2016/06/06 18:17
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 284-1.jpgファイル 284-2.jpgファイル 284-3.jpgファイル 284-4.jpgファイル 284-5.jpgファイル 284-6.jpg

大阪在住の古賀様ご夫妻のパラオフィッシングツアー本当にお疲れ様でした。
普段は紀州の海をフィールドとしているお2人、タイラバとジギングを専門とされるベテランアングラーでご自身の釣りをパラオで展開頂きました。水深は70m~1400mのヘビージギングではご夫婦揃って大型カンパチを掛けるもシャークバイト(泣)、サメにカンパチの身を上納しながらも、多種多彩な大型魚をキャッチされました。
旦那様がその悔しさを詳細にレポートくださったので、私もその悔しさがよく伝わりました。
釣った魚はマリーナカフェヴィータ(Marina Cafe VITA)に持込みイタリアンとフレンチのフルコースで舌鼓み、オーナーの引出の多さに感動されておりました(オーナーシェフの堀江さんと2ショット)。
このご旅行はお2人の結婚記念日を兼ねており、お2人の記念日に相応しいひと時をお過ごし頂きました。
古賀様より「私達夫婦にとってパラオは新婚旅行の想い出の地、この特別な想いのある美しい地で再び夢のある素晴らしい体験ができました」との言葉が印象的で嬉しくてなりませんでした。
素敵な想いで作りに携われた事を本当に嬉しく思います。
お2人の益々のご活躍、地元での大漁祈願、心より応援しております。この度はありがとうございました。

ドバイ&モルディブ2都市ハネムーンフィッシングツアー(ジュメイラ・ヴィタベリ滞在)

ファイル 283-1.jpgファイル 283-2.jpg20170303172818.jpg20170303172841.jpgファイル 283-3.jpgファイル 283-4.jpg20170303172850.jpgファイル 283-5.jpg20170303172830.jpgファイル 283-6.jpg

愛知在住の西村様ご夫妻のハネムーン(モルディブ&ドバイ)コンビネーションツアーお疲れ様でした。
モルディブでは念願のファーストGTチャレンジでお2人とも見事GTを始め巨大なワフーもキャッチ頂きました。またドバイでもアラビア料理やデザートサファリなどのアクティビティーも体験され、トータルで9日間の濃いツアーを楽しんで頂きました。
やはりドバイに行ったからには「ブルジュ・ハリファ」は外せませんね(世界一高い超高層ビル/全高828m/206階建て/建設費15億ドル!)、高層すぎて画像を横にしてしまいました(笑)。
エネルギッシュで元気なお2人で半年間のやりとりもあっという間に、無事にツアーを終えた嬉しさと、終わってしまった淋しさが混在しますが、こればかりは私の仕事の性質上、致し方ありませんね(←と自分に言い聞かせています)。西村さんご夫妻の末永いお幸せと益々のご活躍を心より応援しております。本当にありがとうございました。

最近注目を浴びているエミレーツ航空が日本からドバイ経由でモルディブへのフライトを運行するようになり、「モルディブ」と「ドバイ」の2都市エリア滞在のコンビネーションツアーが可能になりました。今までとは一味違った旅行を楽しみたい方にお勧めで、今回西村様ご夫妻もこの型破りツアーをお楽しみ頂きました。
協議の結果、今回ご宿泊頂いたモルディブのリゾートはジュメイラヴィタベリ、ハウスリーフがいい島として人気を集めていたボリフシアイランド(南マーレ環礁)にドバイの高級リゾート(ジュメイラ)が手掛けたリゾートで最近オープンしたばかりですが、サービスが定評で人気が急上昇、極上のおもてなしをご体験頂きました。

ハネムーンフィッシング・クラブメットカニ滞在(モルディブ編)

ファイル 285-1.jpgファイル 285-2.jpgファイル 285-3.jpgファイル 285-4.jpgファイル 285-5.jpgファイル 285-6.jpg

鹿児島県在住の鉢迫様ご夫妻のハネムーンGTフィッシング、お帰りなさいませ!本当にお疲れ様でした。
1年以上前からご計画のやり取りさせて頂き、遂に北マーレ環礁にあるクラブメットカニを拠点のハネムーンGTツアーが実現となりました。鉢迫さんはヒラマサなどオフショアご経験者でタックルも全て自前を持込み、本気モードでGTフィッシングに挑んで頂きました。普段のオフショア経験がものをいいご夫婦で見事多数のGTをキャッチおめでとうございます。
何と驚くべき事はお2人とも平成生まれ!期待のホープですね(それだけ自分も歳を取ってしまったのかと・・・)。
鉢迫様ご夫妻の末永いお幸せとご活躍を心より応援しております。この度は本当にありがとうございました。

モルディブ・ハネムーンフィッシング(バロスリゾート滞在)

ファイル 286-1.jpgファイル 286-2.jpgファイル 286-3.jpgファイル 286-4.jpgファイル 286-5.jpgファイル 286-6.jpg

大阪在住の尾上様ご夫妻のハネムーンツアー、お帰りなさいませ!本当にお疲れ様でした。
北マーレ環礁にある老舗の高級リゾートバロスを拠点にGTフィッシングは勿論、モルディブの雰因気を撮影したいとのご希望も兼ており、ボートチャーターの利点を生かし無人島に上陸、白砂ビーチ散策やスノーケルなどモルディブらしいアクティビティーを思う存分お楽しみ頂きました。そしてご夫婦揃って見事なGTをキャッチ、おめでとうございます!お2人の笑顔がとても印象的でした。
尾上さんご夫妻の末永いお幸せと益々のご活躍を心より応援しております。
本当にありがとうございました。

パラオフィッシングツアー

  • 2016/04/12 14:50
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 281-1.jpgファイル 281-2.jpgファイル 281-3.jpgファイル 281-4.jpg

岐阜県在住のリピーター小倉様ご夫妻のパラオご釣行、本当にお疲れ様でした。
小倉さんには以前から本当お世話になっており、釣経験に関しては二人ともお墨付!キャスティングではグッドサイズGTを筆頭にカスミ、レインボーランナーなど多種多彩な魚をキャッチ、ジギングではカンパチやスジアラを釣って日本料理屋へ持込んでフルコースで舌鼓みされました。小倉さんはパラオの楽しみ方を熟知している大ベテランの方で今回もツアーもフィッシングを中心にガッツリ楽しんで頂きました。今となってはライフワークの1つになりつつあるパラオフィッシングツアー、普段の原動力になって頂ければ嬉しい限りです。この度も本当にありがとうございました。

Siamese Giant Carp (パーカーホ)を見事キャッチ!

ファイル 282-1.jpgファイル 282-2.jpgファイル 282-3.jpgファイル 282-4.jpg

お客様の大石様が見事Siamese Giant Carp (パーカーホ)を釣り上げました!おめでとうございます。世界のコイ釣りにおける最難関のプラーガホーに挑戦し続け、仕掛や餌(練り餌)を研究、試行錯誤の末に遂にキャッチされました。まさに時が満ちた瞬間を描写した一枚ですね。
話を聞くだけでそこに至るまでの道のりは果てしなく遠く、ましてこの魚だけを専門に狙うとなるとハードルは更に高くなります。その希少性やそれを求めるロマン(その釣りに対する精神論も含め)から、日本のアオウオ釣り(アオ師)にも似ております。

今年は大石さんにとって良い年ですね。
昨年末の巨大ジャイアントトレバリーに続き、ジャイアントカープですからね。共に人気魚種のジャイアント(最大種)に君臨する魚を2種キャッチです。今後のご活躍を心より応援しております。

恒例のバリ島GTフィッシング

  • 2016/03/22 18:32
  • カテゴリー:バリ

ファイル 279-1.jpgファイル 279-2.jpgファイル 279-3.jpgファイル 279-4.jpg

ベトナム在住のリピーター中村様のバリ島ツアー本当にお疲れ様でした。旧正月のお休みを利用した恒例のバリ島ツアー3泊4日(2日フィッシング)を楽しんで頂きました。

中村さんからは、
無事にツアーが終了しました。今回の担当したクルーもとても親切な方で安心して釣りを楽しめました。3本のGTとサワラ1本!全身筋肉痛ですが最高に楽しかったです!体力をつけて次回も必ずチャレンジします!!
…と、いつもご丁寧な連絡が入り、次に続けくチャレンジ精神は嬉しくてなりません。お話しによると巨大GTをかけ、船べりでクルーがGTを持上げた時に外れてしまった・・・とご申告頂きましたが、これは船べりリリースと言う事でキャッチとしてカウントしましょう。
バリ島フィッシングの場合、数釣り勝負というよりは、潮の状況を読みながらフィッシングをするので、キャッチに至るまでのプロセスに大きな意味があり、この1本1本の価値が十分に伝わります。出ると大型である可能性が非常に高いバリ島、海況を読みながら攻める術を中村さんご自身が身につけた釣行でしたね。
また中村さんのおっしゃる通り、確かにバリ島のスタッフはとても陽気で気配り上手、日本語で接してくれるので接客満足度はトップクラスです。また画像より、レンボガン北部~南西部だけでなく、東端のバトゥアバまで攻める事ができ、バリ島フィッシングのフルコース内容が満喫できてよかったです。昨年に続き、サイズアップ更新おめでとうございます!また中村さんとやり取りさせて頂くのを心より楽しみにお待ちしております。

追伸
お正月において、ベトナムをはじめ東アジアの多くの国では旧暦(月の満ち欠けを基準)を採用して休みが設定され、元旦(今年は2月8日)は毎年月齢1日目(新月の翌日)にあたります。
つまり、旧正月=大潮=良い潮周りになるのは必然的なのですね。私は仕事上、未来の潮時と睨めっこの日々、日本は新暦を採用してますが、フィッシュナビ的には旧暦採用したいぐらいです。あとは1週間サイクルという概念を捨てて「大潮休暇」を設定したいです(笑)。

今年パラオで一番初めにGTを釣ったお客様!

  • 2016/03/11 18:43
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 280-1.jpgファイル 280-2.jpgファイル 280-3.jpgファイル 280-4.jpg

2016年トップバッターは納富様のパラオファーストGTツアー、
記念すべき元旦に見事GTキャッチ本当におめでとうございます。つまりパラオにおいては今年一番最初にGTを釣ったお客様・・・という事になります(パチパチパチ)。普段のやり取りの段階でGTをキャッチしたいという気迫が伝わり、何よりもファーストGTに携われた事に嬉しく思います。またライトキャスティングでも多種多彩な魚をキャッチされパラオのフィッシングを満喫、乾季のベストシーズンを迎え幸先の良いスタートを迎える事ができました。この度は本当にありがとうございました。またのチャレンジを心よりお待ちしております。

GTフィッシング講習会(フィッシュナビ)

  • 2016/03/07 17:52
  • カテゴリー:国内

20170311142154.JPG20170323184039.JPG

初めてGTフィッシングをチャレンジされたお客様がGTを掛けた時、たとえ過去に同じサイズの違う魚を掛けた経験があったとしてもGTはそのパワーを凌駕します。
また、そのGTを相手にした専用タックルにも度肝を抜かれます。今まで見たことのない極太ロッドや高番手なリールをはじめ、ライン、リーダー、スイベルやリングなどの接続具、フックに至るまで規格外の頑丈さ!GTを取るための耐久性と現代技術が集結し、スピニングにおいて最強タックルである事は言うまでもありません。それだけの怪力な魚を相手にする事を我々は忘れてはなりません。

ファイル 275-1.jpgファイル 275-2.jpgファイル 275-3.jpgファイル 275-4.jpg20170313120930.JPG20170328110443.jpg20170328110518.jpg20170328110456.jpg20170403124107.JPG

■GTフィッシング講習会(初級編)
弊社でツアーをご利用頂くお客様に“GTフィッシング入門講座”を開催しております。
ツアー遠征情報や心得はもちろんの事、GTフィッシングの魅力、ラインシステム組み、ドラグ設定、キャスティングやルアー操作などを気楽かつ楽しく学んでもらいます。経験者のお客様には潮の動きやポイント解説など。
これはあくまでも本番を想定したイメトレに過ぎませんが、ある程度の事を理解してもらえれば、気持ちにもゆとりができ、より気楽にツアーに備えて頂けれると思います。
「もう今更恥ずかし くて聞けないよ~」、「経験者だけとこの際だから聞いちゃおう~」などなど、どんな事でも聞いてください。行って良かった!と言ってもらえるように私に出来る事は最大限にご提供したいと考えております。
ツアーご参加のお客様向けに開催します(もちろん無料です!)。1名様でも大歓迎!平日、土日・祭日問わず可能な限りお客様のご都合に合わせますので、ご希望の際はお気軽にお問合せください(要予約)。

■GTルアー販売
また弊社では、そのエリアごとに見合ったGTルアー(新品/未使用/中古)をストックしておりますのでご要望に応じて販売致します(※ツアーご参加のお客様限定となります)。
勿論、お客様が普段からごヒイキにされている専門ショップさんでご購入頂く事が最優先ですが、もしショップさんが近くにない場合、ショップさんにルアーの在庫がない場合、ご出発を間際でルアーの調達が間合わない場合などには、サブメニューとして是非ともご活用くださいませ。

巨大ロウニンアジ上がる(モルディブ編) トラギリリゾート滞在

ファイル 274-1.jpgファイル 274-2.jpgファイル 274-3.jpgファイル 274-4.jpgファイル 274-5.jpgファイル 274-6.jpg20170322175211.jpg20170322175220.jpg20170322175251.jpg20170322175237.jpg20170322175200.jpg20170322175229.jpg20170417123353.jpg20170417123332.jpg

バンコク在住の大石様のモルディブツアーお帰りなさいませ、本当にお疲れ様でした。今回は北マーレ環礁にあるトラギリアイランドリゾートを拠点に3泊4日(2日間フィッシング)ツアーを楽しんで頂きました。バンコクからですと4時間ちっとでマーレに行けてしまうのが羨ましいですね。このフィッシングにあてた2日間は「若潮」「長潮」と決してお世辞でも良い潮とは言えませんが、ここモルディブにおいては潮の事をそんなにシビアに考える必要はありません(過去の傾向より)。それを裏付けるべく2日間で何と14本ものGTをキャッチ。大型も数本混じり、その中の1本が規格外の巨大GTで2015年の最後にして最大のGTで締めくくって頂きました。本当におめでとうございます。 
勿論、サイズだけがフィッシングツアーの価値を決めるものではありませんが、このような大物が釣れたという事実は、間違いなく次に順番を待つお客様にとって最高のモチベーションになります。このように事前にワクワクする事ができるのもこのフィッシングツアーの醍醐味であり大切な事であると私は思います。これもお客様のご利用があっての事、またそれをフィードバックしてくれるお客様のお蔭であります。それがまた次のお客さんに繋がり、いずれは再び自分に戻ってくる・・・その絶妙な繋がりで今日のフィッシュナビがあります。

大石さんはオフショア経験豊富な実践主義者。フィッシングに対する気持ちの持ち方といい、普段の遊びがタイのメコンナマズ釣りといい、何かと大物のやり取りに慣れており、普段のやり取りにおいてもポテンシャルの高さが感じ取れました。
今回はモハメッドと一緒に楽しみながらのフィッシング、共に投げる事で状況を見極め、ご自身の技量をフルに活かしながら、自分なりのフィッシングを組立てていくのが流石ベテランでしたね。ここまで大きいと次回からは自己記録との戦いですが、再び凄い事をやってのけそうな気がします。これからの大石さんの益々ご活躍を心より応援しております。本当にありがとうございました。

ハネムーンGTキャッチおめでとうございます(モルディブ)

ファイル 272-1.jpgファイル 272-2.jpgファイル 272-3.jpgファイル 272-4.jpgファイル 272-5.jpgファイル 272-6.jpg20170224165137.JPG20170224165003.jpg20170224165144.jpg20170224165018.jpg

兵庫県在住の林田様ご夫妻のハネムーンフィッシングお帰りなさいませ、本当にお疲れ様でした。
1年以上前からのやりとりでしたが、現地ボートが埋まってて、半年前にやっとの事で取れたので、それを最優先に日程を組み遂にハネムーンGTツアー(クラブメットカニ滞在)が実現しました。モルディブに関してはそれほど潮日程を気にする必要ないのが私の見解ではありますが、ツアー中は「若潮」「長潮」とお世辞でも良いとはいえない悪潮兄弟でしたが、なんと2日間で18本のGTをキャッチ!その中には2人の膝に乗るほどの大型GTも混ざりました。
ご帰国後、林田さんからは「このアングラーを喜ばせる仕事にもの凄く関心を持ちました。今回の旅行はそれぐらい私たちにとって最高の旅行でした」・・とご丁寧なメッセージ頂き本当にありがとうございました。このようなお言葉はとても嬉しく、それを糧にまた頑張れます。旦那さんは釣具メーカーのモニター、奥様はプロのスノーボーダーでお2人の身体能力は相当なもの、ファーストGTチャレンジにもかかわらず見事な結果になりました。
この度は本当にありがとうごございました。2人の幸せと益々のご活躍を心より応援しております。

大親友のハネムーンツアー(カナダ編)

  • 2016/01/10 16:10
  • カテゴリー:カナダ

ファイル 243-1.jpgファイル 243-2.jpgファイル 243-3.jpgファイル 243-4.jpgファイル 243-5.jpg20170220150745.jpg20170224165521.JPG20170224165530.JPG20170327171935.jpg

大阪在住の林原様、大学時代(北里大学水産学部)から20年来の大親友で気さくな関西人、岩手の三陸で苦楽を共にしバカ騒ぎした大親友であります。社会人になってからも毎年芦ノ湖サクラマス釣会やるよ~と声を掛けると二つ返事で大阪から飛んで来る・・・。それも10年続き、いつもその場を盛上げるムードメーカ的な存在な彼。釣りはもちろんですが魚屋という仕事柄、魚処理、刺盛りはお手のもの、アフター料理の代名詞である筆者(わたくし八鳥)も彼の前では全く出る幕がないほど。

そんな友人もめでたく結婚!こういう知らせはとても嬉しいです。
そこでハネムーンの相談を受け、本人の希望はキングサーモンを釣りたいのでツアーで組んで欲しいとのご依頼。後は全てお任せるわ~との事でバンクーバー観光を兼ねキャンベルリバーでのキングサーモンフィッシングになりました。時期は9月上旬、キングサーモンのシーズンは終盤の為、どうなるかな~と内心ドキドキでしたが、それも杞憂に過ぎませんでした。釣果はキングサーモン10尾を筆頭にコーホサーモン、ピンクサーモン、根魚などたくさんの魚をキャッチ頂きました。2本のキングは保冷箱に入れて手荷物としてそのまま日本にお持帰り、釣ったサーモンを肴に身内や職場で大盛り上がりだったようです。残りのサーモンは提携しているキャンべルリバーの水産加工会社に依頼されました(3か月後には燻製が届きますからそれまで楽しみ待っていてくださいね)。

この度は本当にありがとうございました。お2人の末永いお幸せと、これから更なるご活躍を心より応援します(また時々芦ノ湖に遊びに来てね)。

メコンナマズ釣り(バンコク)

ファイル 273-1.jpgファイル 273-2.jpgファイル 273-3.jpgファイル 273-4.jpgファイル 273-5.jpgファイル 273-6.jpg

仮称フィッシュナビバンコク支店(←ナイナイ)の大石様のメコンナマズ釣り。お客様の大石さんよりレポートを頂きました。普段の遊び相手がこのような巨魚なのでとても刺激的な日常ですね。このような巨魚のやりとり経験があるからこそ、遠征先でのGTフィッシングで力を発揮するのでしょうね。弊社フィッシュナビもバンコク釣堀のお手配をさせて頂く事が稀にありますが、私自身「ブッコミ釣り」がとても好きなので、このようにノンビながらもダイナミックな釣りを一度は体験してみたいです。

グランドスラム達成(パラオGTキャスティング)

  • 2015/10/14 16:26
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 246-1.jpgファイル 246-2.jpgファイル 246-3.jpgファイル 246-4.jpgファイル 246-5.jpgファイル 246-6.jpg

東京在住の服部様ご夫妻のパラオフィッシング、本当にお疲れ様でした。普段はヒラマサなどのオフショアキャスティングをされているのでタックルに関してはフル装備!服部さんからこれで良いかとアドバイスを求められましたが全く非の打ちどころない内容でした。また今回のツアーでは旦那さんが奥さんに気を遣いフィッシング中に様々なオプショナルを組込み二人が思いっきり楽しめるようなメニューになりました。
GTをはじめ、ギンガメ、バラクーダ―、アカマス、シャークと多種多彩の魚をキャッチ・・・パラオキャスティングにおける主要メンバーは殆どキャッチされたと思います(5種をキャッチするのは意外と難しいです)。奥さんをケアしながらなので相当な上級者です。ボートのチャーターの利点を生かし、ジェリーフィッシュレイクやミルキーウェイでのスノーケルなど海で出来るオプショナルは全てお楽しみ頂けたようで何よりでした。

服部さんご自身もブログにて釣行紀をUPされております。
http://chinsuke.naturum.ne.jp/e2584454.html

この度は本当にありがとうございました。お2人のご活躍を心より応援しております。

フィッシング&ダイビングコンビネーションツアー(パラオ)

  • 2015/09/30 17:45
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 247-1.jpgファイル 247-2.jpgファイル 247-3.jpgファイル 247-4.jpg

大阪在住の石河様のパラオ「フィッシング&ダイビング」ツアーお疲れ様でした。
6日間の行程で前半2日間はダイビング×後半2日間はGTフィッシングのコンビネーションツアーを楽しまれました。
風波でルアーの操作がしにくい中、念願の初GTを見事キャッチおめでとうございます。
ここ最近、ずっと風が吹き続け風波でルアーが思うように操作できなく=バイトが出ても上手く乗せれらない状況が続きました。
その大荒れで不利な状況の中、見事キャッチに持込めた事は素晴らしいです。素晴らしいフィッシングを魅せて頂き本当にありがとうございました。

親子フィッシング(カナダ編)

  • 2015/09/27 18:20
  • カテゴリー:カナダ

ファイル 244-1.jpgファイル 244-2.jpg

埼玉県在住の福永様親子。普段は琵琶湖ビワマスのレイクトローリングをされており親子ともレイクトローラーです。
福永様は釣りキチ三平のサーモンフィッシング(確か52~54巻の漫画本)を読まれキャンベルリバーへサーモンフィッシングに行きたいとの問合せがありました。
私がこのツアーを作ったのはもこの釣りキチ三平のサーモンフィッシングの影響です。私は昭和50年生まれですが、おそらく昭和40年~50年代生まれの方にとっては釣キチ三平の番組は夢がありましたからね。
時期は9月の上旬、前日までは快晴であったのが、生憎天候の変わり目にあたるとともに、キングサーモンの終盤に良くみられる魚の減少傾向が始まり、前半は苦戦の釣りとなりました。
初日はたくさんアタリがあったのですが結局はハッチェリーコーホサーモン1尾、小型キングサーモン1尾で終わってしまいました。翌日は1m近い良型のキングサーモンを釣り上げられ、コーホサーモンのアタリも数多くあり釣り自体は内容が濃くお楽しみ頂けたとの事で本当に良かったです。結果はキングサーモン4尾、コーホサーモン1尾、ピンクサーモン1尾という釣果になり、魚は二つの発泡スチロールの箱に満載してご帰国されました。
この度は本当にありがとうございました。

パラオ大物五目釣りツアー

  • 2015/09/25 19:20
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 248-1.jpgファイル 248-2.jpgファイル 248-3.jpgファイル 248-4.jpgファイル 248-5.jpgファイル 248-6.jpg

東京在住の小川様のパラオ遠征、本当にお疲れ様でした。
普段はマグロのキャスティングでマグロキャッチの実績の持ち主ですがGTに関しては生まれて初めてで是非チャレンジしてみたいとのお問合せを頂きました。
驚くべきは、その日の朝10時にメール頂き、⇒私も速攻で状況確認(飛行機、ホテル、フィッシングの空状況)し⇒11時には見積書を提出。これで明日に何かしらご回答を頂けるだろうと思いきや、その30分後に小川さんから電話があり⇒「即予約」というあまりにも早い展開でした(驚)。
シルバーウィークの繁忙期時期で状況はタイトでしたが小川さんの早急なご決断のおかげで事がスムーズに運び全ては順調に整いました。
9月に入ってから約3週間ほど低気圧による強風が続き、風波の影響は依然と続き人間にはタフな状況でしたが、魚にとっては活性が高く状況はとても良さげでした。
開始早々巨大バラクーダ―をキャッチされ、サワラに、アカマスに、そして本命のGTもキャッチし、初日で目的を達成頂きました。海況によりポイントは制限されましたがジギングやライトフィッシングも楽しまれ、大型魚4種制覇+ライトでは多種多彩な魚のキャッチで締めくくる事ができました。3日間連続フィッシング、本当にお疲れ様でした。またのチャレンジ心よりお待ちしております。

根性で釣ったグルーパー

  • 2015/09/10 20:12
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 245-1.jpgファイル 245-2.jpg

九州在住の西様のパラオツアーお疲れ様でした。西さんよりレポートを頂きましたので記載させて頂きます。
こんにちは!八鳥さん。今回のフィッシングツアーお世話になりました。おかげさまでとても満足出来る旅になりました!日本での八鳥さんとのやり取りのおかげで現地でも問題無くとても気持ち良く過ごす事が出来ました。大物を釣り上げた感動は大変なものでした!全て八鳥さんお勧めのルアーです。また絶対にチャレンジします!その時はどうぞ宜しくお願い致します!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちこそ本当にありがとうございました。
この1週間は風が吹き荒れ、海上は荒れ模様でしたので風裏ポイントがメインとなりました。その中でひたすら投げ続け2日間で何とか10バイトまで導きM最後の最後で大型グルーパーを見事キャッチ頂きました。とにかく2日間通しで投げ続けた根性が功を奏し最後の最後に女神が微笑んでくれましたね。その西さんの諦めない気持ちはには私も頭があがりません。本当にありがとうございました。

夏休み企画/親子でGTフィッシング(パラオ編)

  • 2015/09/10 14:38
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 242-1.jpgファイル 242-2.jpgファイル 242-3.jpgファイル 242-4.jpg

神奈川在住の桜井様の夏休み企画(親子フィッシング)本当にお疲れ様でした。「夏休みは息子と二人で海外でフィッシングツアーをしたい」との相談でご来店されました。いろいろお話しているうちに「ヨシ!だいたい感じが分かった」とその場で決断され、せっかく行くならガッツリやりたいとの事で、4泊5日の3日フィッシングでの黄金プランになりました。お盆は時期的に繁忙期でSARA久米さんもプラグイン三浦さんガイドも埋まっていたので今回はエリックにお世話になりました(エリックもパラオを代表する優秀なフィッシングガイドで日本語ペラペラです)。桜井さんは見事ファーストGTをキャッチされ息子さんも自力で見事なグルーパーを上げました。もう中学生がGTキャスティングをする時代になってしまいましたね。お子様にとって貴重で素晴らしい夏休みになった事でしょう。親子でGTフィッシングなんて本当に羨ましいです。またのチャレンジ心よりお待ちしております。ありがとうございました。

モルディブ・ハネムーン・ファーストGTフィッシング(クラブメットカニ滞在)

ファイル 240-1.jpgファイル 240-2.jpgファイル 240-3.jpgファイル 240-4.jpg

愛知在住の富田様ご夫妻のハネムーンGTフィッシング(クラブメットカニ滞在)ツアーお疲れ様でした。
普段は琵琶湖でバスフィッシングをされてて今回初のGTフィッシングチャレンジです。ご本人はバスの経験のみですが本当にGTチャレンジして大丈夫だろうか・・・とご心配されておりましたが結果は多くのGTを見事キャッチ。今までの心配も杞憂に過ぎませんでしたね。ファーストキャッチおめでとうございます。

初めてチャレンジするお客様には、「GTフィッシングにチャンレジしてみたい」・・と思った時が何よりもビックチャンスなのです。と私はお客様に言っております。あとはお客様の経験値に応じてガイドが懇切丁寧にアドバイス・フルケアーさせて頂きますので初心者からベテランまで退屈させないフィッシングを志しております。実際やってみると「こんなに近い存在なのか」と感じて頂けるはずです。
何と4月からフィッシングボートが大幅にグレードアップ、船体は大きくなりキャビンもトイレも付いておりますので、より快適にフィッシングができるようになりました。

夏休み企画/親子でGTフィッシング(モルディブ編)

ファイル 241-1.jpgファイル 241-2.jpgファイル 241-3.jpgファイル 241-4.jpg

熊様の親子でGTフィッシングツアー、北マーレ環礁にあるトラギリアイランド滞在しながらのフィッシングツアーになりました。驚くべき事は遂に子供がGTを釣る時代になりました(←もちろんお父さんサポートのもと)。ここ数年は若い人の活躍を目立ってきましたね、=つまり私もそれだけ年を取ってしまったのかとしみじみ感じてしまいます。お父さんはかなりのベテランアングラーである為、そういう流れになるのは必然ですが(笑)お子様にとって貴重で素晴らしい夏休みになった事でしょう。親子でGTフィッシングなんて本当に羨ましいです。またのチャレンジ心よりお待ちしております。ありがとうございました。

カナダ(キングサーモン)フィッシングツアー(親子編)

  • 2015/07/10 12:59
  • カテゴリー:カナダ

ファイル 239-1.jpgファイル 239-2.jpgファイル 239-3.jpgファイル 239-6.jpg20170327171953.jpg20170327171945.jpgファイル 239-4.jpgファイル 239-5.jpg20170327171935.jpg

遂に6月に入りカナダBC州のキングサーモンシーズン開幕しました。今季のトップバッターは草間様親子、このお2人は釣好きで海外のご旅行はかなり経験豊富な方ですがフィッシングの絡めたフィッシングツアーというのは生まれて初めとの事でとても楽しみにされておりました。5泊7日の旅程で3日間ガッツリフィッシング、ツアーは天候に恵まれ見事10本のキングサーモンをキープして日本へお持帰りされました。釣った魚は提携しているキャンべルリバーの水産加工会社に依頼、3か月後には燻製が届きますからね。
潮止まりには根魚フィッシング、サイトフィッシングで根魚を多数キャッチされ北米には根魚のストック量にビックリされてました。これもレギュレーションによる資源管理が徹底しているおかげですね。
ご出発の半年前から日々楽しいやり取りでしたね。ツアーが終わると淋しくなりますがまたのご計画の際には是非とも声を聞かせてくださいね。ありがとうございました。

カナダキャンベルリバーのツアーで釣ったサーモンは?

  • 2015/06/13 16:51
  • カテゴリー:カナダ

ファイル 287-1.jpg

「釣ったキングサーモンはどうしたらよいのか?」というご質問を100%受けます。勿論、キャンベルリバーに行かれるお客様は、銀毛した美味しいサーモンを目当てに釣りにくるのでそれを前提としているのですが、具体的に現地でどういう流れになるのかな~というご質問ですね。
因みにキャンベルリバーには船着場に解体場とフリーザーを設備されてて、釣った魚の保管は心配ご無用です。釣った魚につきましては、検疫の対象にはならない為、そのまま「手荷物扱い」として日本までスルーできますのでツアーにご参加頂いたお客様は100%は日本にお持ち帰りしております。また弊社がツアーで組んでいるリゾートでは釣ったサーモンをレストランに持込する事も可能ですので(調理代は別途)、新鮮なサーモンをツアー中に味わう事もできます。

今までボウズというのは一度もなく、今までの実績ですと1名様でも~5本ぐらい、複数人で行けば10本以上のサーモンはキャッチされておます。しかも1本あたりが5kg~15kg(中には20kg以上のサーモンが釣れる時があります)でそれらを全て持ち帰るのは厳しいので(重すぎて)、半分以上は提携している水産加工屋で加工してもらい日本へ別送してもらう形が多いですね。
水産加工場では、釣ったサーモンを、缶詰、フィレ―(3枚おろし)、ロックス(燻製)などに加工してくれ、ご帰国から3か月程で日本にお届けされます。

実際は1~2本分は保冷箱に入れてそのまま手荷物としてお持帰り、残りのサーモンは水産加工場に依頼して別送してもらうの形が現実的になるでしょう。
帰国後は我家の食卓に、近所のおすそ分けに、飲み屋に、・・・・サーモンの話題に盛上がること間違いなし。
お客様の中には思い出をカタチにするため、剥製にする方もいらっしゃいます。

■ST.Jeans 
http://www.stjeans.com/

釣竿工房「月」 バリ島フィッシング釣行

  • 2015/06/05 12:40
  • カテゴリー:バリ

20170311134241.JPG20170311134228.JPG20170311134157.JPG20170311145641.JPG20170311134521.JPG20170311134534.JPG20170311134603.JPG20170311134654.JPG20170311134708.JPG20170314155858.JPG20170314155423.JPG20170314155434.JPG20170311134216.JPG20170311134549.JPG20170311134617.JPG20170311134253.JPG20170311134305.JPG20170311134409.JPG20170311134422.JPG20170311134436.JPG20170311134452.JPG20170311134506.JPG20170311134140.JPG

フィッシュナビも今年でちょうど10年周年を迎え、今となってはフィッシュナビのお家芸になりつつあるGTフィッシングツアー。そんなフィッシュナビも開業当初(2005年)はいろいろ模索していた時があり、その中で一番初めにお客様をお送りした地域がバリ島であったため、個人的にも特別な思いがある島であります。

そんなバリ島海域にはとても大きなGTが生息する反面、海況にとてもクセ(潮、風、潮流、時合により釣れる時と釣れない時がハッキリする)があり、そのクセに喜んだ人、泣かされた人・・・多くのお客様と共に味わってきました。仕事上バリ島と普段から付合っている私からすれば、この気まぐれさはまるで海に神が宿っているのではないかと思ってしまうほどです。そんなクセのあるバリ島海域を楽しむように釣りをされる方もいらしゃるのも事実で、Mrバリ王こと釣竿工房「月」/平野様の率いるMOONチームもその一つであります。
今回ご参加のメンバーは(平野さん・長瀬さん・石井さん)の3名様で平野さんは「キャスティング」だけでなく「ジギング」「泳がせ」まで何でもこなし、バリ島のクセとうまく付合い海況に応じて最善の方法を導くスタイルを持っており、とても勉強になります。カスタムロッドの作り手である平野さんも、使い手であるお客様も、手にした巨魚を目の前に、喜びもひとしおだったことでしょう。

釣行紀がUPされましたのでそのタイミングで掲載させて頂きました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.ne.jp/asahi/craftsman/tuki/turikiokou/kikouhyousi.htm

この度も本当にありがとうございました。

ファーストGT おめでとうございます(inバリ島)

  • 2015/04/01 19:57
  • カテゴリー:バリ

ファイル 226-1.jpgファイル 226-2.jpg

ベトナム在住の中村様のファーストGTチャレンジツアー、見事GTをキャッチ頂きました。

八鳥さん、無事バリ島から戻りました。
今回の釣行ツアーで素晴らしい経験ができた事に感謝しています。バチョ船長の素晴らしいアドバイス、スタッフ達のサポートに感謝しています。心配されていた船酔いは頂いた酔止薬を飲んだので酔わずにすみました、ありがとうございました。今は再びGT釣りに行きたいという気持ちでいっぱいです。その時には宜しくお願いします。

ファーストGTに携わる事ができて本当に嬉しいです、熟練したスタッフ達のおかげで、ファーストチャレンジのお客様も安心しお楽しみ頂けます。何よりも中村さんの努力あっての結果です。ファーストGT本当におめでとうございます。

モルディブ・ハネムーンGTフィッシング(オルヴェリ滞在)

20170303183255.JPG20170303183445.JPG20170303183352.JPG20170303183313.JPG20170303183435.jpg20170303183414.JPG20170303183455.jpg20170303183323.JPG20170303183334.JPG20170303183343.JPG20170303183509.jpg20170303183404.JPG20170303183424.JPG20170303183520.JPG

神奈川在住の鈴木様ご夫妻のモルディブ(ハネムーン)フィッシング。
ハネムーンフィッシングについての相談・・・という事で弊社にお立寄り頂いたのがキッカケだったと思います。お話しもトントン拍子に進み、「リゾート」も「フィッシング」も両方優先されたいとのご希望で、弊社でモルディブで一番人気のあるオルヴェリ滞在のGTフィッシングツアーになりました。オルヴェリは南マーレ環礁の南端にありオールインクルーシブで日本人スタッフも常駐しておりますので安心してお勧めできます。お好きなリゾートにご宿泊頂き、フィッシング日はそのリゾートの桟橋までフィッシングボートがピックアップに来てくれるというツアーになります。絶対にリゾートライフでしょ・・・というお客様にはもってこいです!

現地フィッシングサービスには、GTフィッシングタックルも完備しておりますが、スリランカ航空利用ですと無料受託手荷物がお1人様:合計30kg(長さ、個数、問わない)までOKですので、自前のタックルでも安心。通常のフィッシング遠征範囲内でしたらオーバーチャージを取られる事がなく、提供する側としても嬉しい限りです。
素晴らしいお写真をいっぱい頂きました。
挙式、ハネムーンの準備と怒涛の半年でしたね。ハネムーンという人生の大切な節目で弊社フィッシュナビをご利用頂き、本当にありがとうございました。またファーストGTキャッチに少しでも携わる事ができて本当に嬉しいです。

再びNZブラウン聖地へ

ファイル 223-1.jpgファイル 223-2.jpgファイル 223-3.jpgファイル 223-4.jpgファイル 223-5.jpgファイル 223-6.jpg20170303184947.JPG20170303184959.JPG

福島磐梯でペンション(山の便り)を営み、私の母校(北里大学水産学部)の大先輩である山本さん、山本さんご自身、裏磐梯をフィールドとしたプロのフィッシングガイドでもあり、僅かなオフ期はNZ釣行へ・・・。それにしても本当に見事なブラウンです。羨ましくて嫉妬してしまいそうです。その経験値には本当に驚かされ、ツアーごとに貴重な情報やアドバイスを頂き頭が上がりません。
今年でフィッシュナビも10年を迎えます。2005年にフィッシュナビ始まった当初から、何かとお世話になり本当にありがとうございました。

モルディブ・ハネムーンGTフィッシングツアー(トラギリ滞在)

ファイル 222-1.jpgファイル 222-2.jpgファイル 222-3.jpgファイル 222-4.jpgファイル 222-5.jpgファイル 222-6.jpg20170417123322.jpg20170417123353.jpg

愛知の下村様ご夫妻のハネムーンツアー、本当にお疲れ様でした。
北マーレ環礁のトラギリ・アイランド滞在のツアー。ご予算に応じて、適切なリゾート滞在プランをご提示させて頂きます。中部国際空港を出発拠点とした場合、シンガポール航空(シンガポール経由)が毎日飛んでおりますので、出発日や日程を気にせずモルディブツアーを組む事ができるのも嬉しいです。

お客様からレポートを頂きました。
八鳥さん 夫婦、母子共に健康に無事に帰ってこれました。GTフィッシングでは、ガイドさんの「お客さんに魚を釣ってもらおう」という気持ちがすごく伝わり、リゾートライフ共に夫婦でとても感動しました。主人は念願のGTが釣れ、夢を叶える事が出来、ジギングは入れ食い状態で私も楽しむ事が出来、2人共大満足しました。
八鳥さんには、計画段階からいろいろとご相談になっていただき、一生の思い出ができ大変感謝しております。本当にありがとうございました。機会があればまた必ず訪れたいです。その際はまたよろしくお願い致します。

ハネムーンという人生の大切な節目で弊社フィッシュナビをご利用頂き、本当にありがとうございました。またファーストGTキャッチに少しでも携わる事ができて嬉しいです。

インドネシア・コモド&バリ島(ハネムーン)ファーストGTツアー

20170224154149.JPG20170224154302.JPG20170224154311.JPG20170224154246.jpg20170224154254.JPG20170224155500.jpg20170224154239.jpg20170224154229.jpg20170224154330.jpg20170224154341.JPG20170224154347.jpg20170224154354.JPG

弊社フィッシュナビの代名詞といわれる「ハネムーンフィッシングツアー」のインドネシア版。東京在住の鈴木様ご夫妻に「コモド&バリ島」の両方を楽しんで頂きました。お問合せから予約までの決断が早くツアーに取り組む姿勢が素晴らしくとても元気で活発なお2人です。鈴木さんは普段はロックフィッシュをはじめ、シーバス、そしてアジングをされてて釣り歴は非常に長いですが、GTに関しては生まれて初めてとの事で、いわばファーストGTチャレンジです。でも心配はありません、それを叶えるのが私の仕事です。

運よくTBS番組(THE世界遺産)でコモド島の特集をやってくれたのでお客様の知識補充もOK!幾度か打合せをし、仕上げはGTフィッシング講習会をして準備万端でいざコモドへとなりました。
初日早々に小型ながら見事ファーストGTをキャッチしツアーの最大目的達成でこれでひとまずスタッフ達もホッと一息、あとはサイズアップの更新へ。2日目の昼に見事ビックGTをキャッチ、岬の先端にルアーが通った瞬間、頭を出しながらルアーに猛突進で襲う光景は圧巻そのもの、しかもご夫婦揃ってその光景を目の当たりにしたのでした。もうこれで十分でしょうと言いたいところですが3日目には更に大きなブラックGT!竿を折りながらも気合でキャッチ、更なる記録更新となりました!
このツアーの期間は「小潮」「若潮」「長潮」と悪潮三兄弟、そのタフなコンディションの中、潮流を読みいつ出てくるか分からず僅かな時合をよく見極めてくれました。ファーストGTにしては(良い意味で)やり過ぎですがコモドらしい大きなGTを久々に拝ませて頂きました。トータルでGT4本の他スパニッシュマッカレルや巨大バラクーダ―も釣られマンタにも遭遇。また空き時間にはローカルマーケットに行ったり鍾乳洞バトゥ・チェルミンにも行かれ、コモド・リンチャ・フローレンス島で出来る事は全てされました。

20170224154448.JPG20170224154400.JPG20170224154441.JPG20170224154408.jpg20170224154415.jpg

ここまで達成すると後半のバリ島は消化試合なようなものですね。
バリ島ではオプショナルツアー三昧で、キンタマーニ高原散策や寺院巡りを経て、ツアーの締めくくりは世界最高級コーヒー(ルアックコーヒー)を堪能し、無事に9日間のハネムーンツアーが終了しました。(因みに日本の高級ホテルでは1杯\5,000円相当しますが本場バリ島では\700程で召し上がれます)

20170307191443.jpg20170224154222.jpg

ご帰国後早々に3人でお会いできる機会を作って頂き、いろいろな話で大盛り上がりしたのは言うまでもありません。
その後、鈴木様のご両親が遊びに来られ、このお写真に釘づけ、2重の喜びを味わえて本当によかったです。
この度は弊社フィッシュナビを選んで頂き本当にありがとうございました。

ドナペンツア―2014年(part2)

ファイル 219-1.jpgファイル 219-2.jpgファイル 219-3.jpgファイル 219-4.jpgファイル 219-5.jpgファイル 219-6.jpg

ドナペンこと、ドナルドペンション羽染様グループのツアー、「ドーニ」と「スピードボート」をコンビネーションツアー、今年もご参加頂きました。スピードボートでガンガンGTフィッシング、ドーニはゆっくり後を追いかけて、夜はその周辺の環礁に停泊して船中泊。
夜にはビール片手にちょっと餌やジグを落として夜釣りを嗜むなんてのもフィッシングサファリの良いところ。エキサイティングとスローライフ・・・質の違うフィッシングを同時に楽しめるプランです。
少人数で貸切りして満喫するもヨシ、5名~10名と人数が多ければ(ドーニ組×スピードボート組)のローテーションも可能、フィッシング至上主義のお客様にはもってこいのプランです。

ドナペンツア―2014年(part1)

ファイル 220-1.jpgファイル 220-2.jpgファイル 220-3.jpgファイル 220-4.jpgファイル 220-5.jpgファイル 220-6.jpg

どちらか一方は経験があっても、「ドーニ」×「スピードボート」をコンビネーションツアーを同時に経験したお客様は、このツアーをリリースしてから今までに3組しかおりません。ドーニ(ハリヤナ号)は全長27メートル!2名1室×5部屋あり、~最大10名様迄お泊りできます。ドーニを使ったフィッシングサファリはそれとしての面白さが有り、それゆえに人気の高いサービスであることは確かですが、フィッシュナビでは、ドーニという名の宿泊ベース自体が移動するメリットを最大限に生かし、それにスピードボートと組合わせることにより、効率よく丹念にポイントを攻める事ができ、より高次元のフィッシングサファリを追求できるようになりました。
ドナペンこと羽染様グループの皆さんもその1組、この度も本当にありがとうございました。

弾丸パラオツアー(ファミリーフィッシング)

  • 2015/01/31 14:46
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 218-1.jpgファイル 218-2.jpgファイル 218-3.jpgファイル 218-4.jpg

千葉在住の上田様ファミリーのパラオツアー本当にお疲れ様でした。
大韓航空利用のツアーで早朝にパラオに到着、しかもその日早々にいきなりのフィッシング…というまさに弾丸スケジュールでした。同日にスノーケル・クルーズ・GT&ライトこの日だけでパラオ洋上で楽しめるオプショナルを全て楽しんで頂き、帰路日本へ…。もの凄い弾丸ツアーでした。

お客様の世代・家族・メンバー構成に応じて状況に応じて皆が楽しめるフィッシングを段取させて頂きますのでどんなご要望でもお気軽にお聞かせくださいね。

真冬のアラスカでアイスフィッシング 陸封(ランドロック)サーモン

ファイル 235-1.jpgファイル 235-2.jpgファイル 235-3.jpgファイル 235-4.jpg

冬のアラスカの釣りといえばランドロック(陸封キングサーモン)の穴釣り。凍った湖に穴をあけて寒さに耐えながら釣りをします。極寒アラスカでの氷上フィッシング、ツアーとしてお客様が体験できるのは1~2時間程度ですね(寒いので…)。
いわば罰ゲームみたいな感じですが、ローカルの人達には大人気!ここまで熱くするのはアフターの存在でしょうね(酒の肴にもってこいの獲物です)。
さすが自家製という事もあり、チップの配合、調味、乾燥時間・・・・、その家庭ごとの好みに仕上がるので、その料理一つにおいても、素材のこだわり、ここは譲らないなど、ポリシーや性格が反映されて、燻製料理の話題になるととても興味深いのです。我々は仕事は本気ですが、遊び(趣味)も一切妥協しません。現地から自家製の燻製を持ってきてくれました。

ハワイ(オアフ島)ハネムーンフィッシング

  • 2015/01/24 17:41
  • カテゴリー:ハワイ

ファイル 217-1.jpgファイル 217-2.jpgファイル 217-3.jpgファイル 217-4.jpg

愛知県在住の入江様ご夫妻、ハネムーンツアーを兼ねてショアのライトルアーフィッシング&ベイトフィッシング(餌釣り)を楽しんでもらいました。ブッコミで置竿をしながら、得意のルアーキャスティングを併用しモンガラハギなどトロピカルなフィッシュを釣られ、ハワイらしい素晴らしいローケーションの中でフィッシングをご堪能頂きました。入江様この度は本当にありがとうございました。末永くお幸せにです!

ファーストGTチャレンジ(パラオ)

  • 2015/01/20 17:16
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 216-1.jpgファイル 216-2.jpgファイル 216-3.jpgファイル 216-4.jpg

長野県在住の関様ご夫妻のパラオ釣行、本当にお疲れ様でした。
観光ツアーでご予約のお客様でしたが、心の中の(釣り)闘志が燃えてファーストGTチャレンジになりました。
早々でビックバイト、ファイトにまで持ち込めたものの、残念ながらリーフに擦れてラインブレイク、悔しいですがこれもGTフィッシングです。今回は惜しくもGTは顔を出してくれませんでしたが、それに勝る見事なバラクーダ―、レッドスナッパー達、これだけの大きなサイズですと相当なパワーだったと思います。
またライトゲームではグルーパーをはじめ、多種多彩とお楽しみ頂けたようです。
異国の地でボートを貸切り、気ままに(かつ本気で)フィッシングができるのが、ここパラオの魅力であります。
ガラツマオの滝、ジェリーフィッシュレイク、セスナ遊覧、ディナークルーズ・・・・、洋上だけでなく、地上、空上のパラオでできるオプショナルは全て楽しまれました。
この度は本当にありがとうございました。今度は是非GTをキャッチしてください!またのチャレンジ、心よりお待ちしております。

ハワイ(オアフ島)トローリング&ボトムフィッシング

  • 2015/01/18 17:12
  • カテゴリー:ハワイ

ファイル 215-1.jpgファイル 215-2.jpg

日本では一部の層でしかないトローリング分野ですが世界レベルでいうとトローリングは一つの大きな釣ジャンルとして位置づけられております。時期によってはGTフィッシングの問合せよりも上回る時もあり加藤様グループもその一組でマーリンチャレンジツアー(保険でボトムフィッシングもご希望)にご参加頂きました。残念ながら本命マーリンは出ませんでしたがライトでサワラとマグロ、サブメニューでボトムでは五目フィッシングがお楽しみ頂けて本当によかったです。この前後日はマーリンがちゃんと上がっておりますのでそこに何百キロのマーリンがぶら下がるか?そうでないかは紙一重ですね。またのビックチャレンジ心よりお待ちしております。ありがとうございました。

GTフィッシング&ダイビングのコンビネーションツアー(パラオ)

  • 2015/01/14 19:30
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 214-1.jpgファイル 214-2.jpgファイル 214-3.jpgファイル 214-4.jpg

フィッシングツアーの場合、市場が少なく、マニアックな内容なので、それゆえに1件1件のお問合せは嬉しいものです。
まして、お客様の休みが取れて、行く気満々な場合は尚更でございます。
しかしその時期がフィッシングシーズンでなかったり、飛行機やガイドが空いていない等で、お客様のご希望に添えない以上に悔しいものはありません。
今回の畑様も、当初は北米(カナダ、アラスカ)サーモンフィッシングツアーのお問合せでしたが、どうしてもフィッシングシーズンや日程がマッチせず、私も半ば諦め気味で(手配できる事を大前提に)全く違うジャンルのフィッシングツアーをご提案せざる得ない事になりました。しかし、もともと畑さんはダイバーの方みたいで、「だったら南国でダイビングをしつつ、GTフィッシングをチャレンジしたい!」との事で、パラオに即決定。そんな畑さんの発想転換に助けられました。いろいろな手配をしておりますが、提案してみないと分からない事もあるんだな~とつくづく思う次第です。
またパラオの場合ですと、料金も北米のフィッシングツアーよりも、半額くらいで済んでしまい、かつGTキャスティングやダイビングも併用でき、年間通してツアーを組む事ができるため、そういう面ではパラオは本当に有難い存在です。
珍しいイエローテイルスナッパーが釣れたり、ライトも含めガッツリ楽しんで頂きました。そして念願のファーストGTもキャッチ、本当におめでとうございます。世界でも5本の指に入る最高のダイビングポイント(ブルーコーナー)にも潜れ、目的としたナポレオンなどの巨魚も出現、海上でも海中でも楽しめたとの事で本当に良かったです。

今回はパラオのJAL直行便(エコノミークラス)利用でパレイシアホテル滞在のお手配でしたが、何故か、当日になってお席も「らくらくシート」にランクアップされ、お部屋も「スイート」になっておりましたよ・・・と喜ばれておりました。本来ですと4~5万円アップの内容ですが、ツアー当日の嬉しい誤算は提供する私としても大歓迎です!どこかで団体さんのキャンセルが出たんでしょうかね~。ラッキーな事が重なり本当によかったです。
畑さん本当にありがとうございました。またのチャレンジ、心よりお待ちしております。

ファーストGTデビュー戦

  • 2014/12/13 14:37
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 224-1.jpgファイル 224-2.jpgファイル 224-3.jpgファイル 224-4.jpgファイル 224-5.jpgファイル 224-6.jpg

今回のチャンスをデビュー戦にして、今後も大物釣りに挑戦していきたいと考えてます、そんな勢いでご参加頂いた中森様のファーストGTツアーでした。トントン拍子に進んだパラオ釣行、洋上でもトントン拍子で、キャスティング練習でいきなりバラクーダがヒットし、初日でファーストGTをキャッチ、あとはサイズアップを狙う・・・。最終日にペリリューまで遠征、18番ポイントで最後の最後で大きなブラックGTをキャッチ、聞く限りではまるでドラマのようなすばらしい展開でした。このご旅行期間、パラオでメインの給水タンクが壊れ、パラオ全域で断水状態に・・・、ちょうど日本を飛びたってから、そんなインフォメーションが現地から入ってきたのでした。そうなると真水の事前確保など、いろいろな問題が懸念されましたが、断水も彼らスタッフにとっては日常の延長、全ては私の杞憂にすぎなかった。
念のため、ご帰国後に恐る恐る聞くと、確かにそういうトラブルもありましたが、スタッフがちゃんと水を確保しお客様1人1人にフォローしてましたよ、そういうトラブルも旅の楽しい思い出の一つでした。そんな中森さんのお言葉にも助けられました。
お仕事柄、海外のアチコチ(魚のいる所?)に招かれる事が多いみたいで、過去にはハワイで300kg級ビックマーリン、アラスカで60ポンド巨大キングサーモン経験しているそうです。しかし心の奥底では、おもてなしフィッシング感があり、自分で釣った感が全くない・・・と漏らしておりました。「でもこのGTキャスティングは全く違う!」、「自分でやんなきゃ達成できない」、「この達成感はスポーツに似ててもの凄く感動した!」この疲労はGTキャッチによって心地よいものになり、最高のお酒を楽しめたとの事でした。デビュー戦を見事GTで飾れて本当に良かったです。本当にありがとうございました。

大迫力!ガーラショーを見ながら朝食(モルディブ編)

ファイル 210-1.jpgファイル 210-2.jpgファイル 210-3.jpgファイル 210-4.jpgファイル 210-5.jpgファイル 210-6.jpg

宮古島在住の倉橋様ご夫妻、モルディブツアー本当にお疲れ様でした。
ご宿泊リゾートは北マーレ環礁にあるアダ―ランプレステージ(水上コテージ)をセレクトされ、3泊5日(2日間フィッシング)のGTフィッシングツアーを楽しんでもらいました。水上コテージの目の前ではGT(ガーラ)がウロウロしており、小さなナブラを追っかけ回している光景は大迫力!専用テラスでガーラショー(笑)を見ながら最高な朝食をお楽しみ頂きました(羨)。

でも残念ながらリゾートからのフィッシングは禁止です(悔)。

■お客様釣行紀
http://blog.livedoor.jp/gt385/archives/37041986.html
http://blog.livedoor.jp/gt385/archives/37168780.html
http://blog.livedoor.jp/gt385/archives/37346446.html

弊社のモルディブツアーでは5日間というショートトリップでも、ゆったりリゾートライフと、しっかりフィッシングを組合わせたツアーが可能で 「ON」と「OFF」のメリハリをつける事ができます。
この度はいろいろありがとうございました。倉橋様の更なるご活躍を心より応援しております。

キングサーモン釣り&ボタンエビ獲りツアー(カナダ)

  • 2014/07/01 19:38
  • カテゴリー:カナダ

ファイル 209-1.jpgファイル 209-2.jpgファイル 209-3.jpgファイル 209-4.jpgファイル 209-5.jpgファイル 209-6.jpg20170327171935.jpg

弊社のお客様で、かつグルメのお客様なら必ずご参加される?弊社の鉄板ツアーの一つでもあるキャンベルリバーのサーモンフィシング。6月に入りキングサーモンのベストシーズンに突入しました。今回挑んでもらったのはリピーターの横倉様と岡本様。横倉さんにとっては3回目のキャンベルリバー、さすがベテランという事もあり、今回は料理のレシピを考え、塩麹をご持参、意気込み満々です。そして岡本様に是非キングを釣ってもらいたいという気持ちで挑んでもらいました。

横倉様よりご報告を抜粋。⇒お陰様で無事帰ってきました。滞在中全日天気にも恵まれ大満足の釣行、記念の第1本目は開始早々岡本さんがゲットしこれは20ポンド位の大物。その後も交互にあたりがあり二人共に規定数+コーホそしてお楽しみの牡丹エビも獲れ、それを夕食のおかずにワインとの相性は最高でした。2日目は私が27ポンドの大物をキャッチ、とにかく梅村さんガイドのポイントの見極めの凄さに感動、ここには絶対にいると確信したら色々なアプローチで我々に釣らせてくれました。3日目はさすがに筋肉痛、遅い出船で目標をお土産用にと、二人共に規定匹数達成したので少し早目の帰港、牡蠣をおつまみにツアーの締めくくりにワインで乾杯!帰国後、家について牡丹エビの塩麹漬け キングサーモン刺し身、バター焼き、味噌漬けなどなど美味しく頂きました。今回も素晴らしい思い出ツアーありがとうございました。写真を見るとその時の興奮が蘇ってきます。

横倉さん岡本さんお疲れ様でした。ご帰国早々ボタンエビの塩麹漬け&ビールで一杯やっている写メが届きました(羨)。今回は3日間フィッシングで27ポンドを筆頭に2人で11本のキングをキープ、大きい4本はそのまま日本へお持帰り、残りはキャンベルリバーの水産加工場で缶詰やスモークになって3~5か月後に日本にお届けという段取りになりました。おそらく秋が終わる頃にご自宅に届く予定ですのでどうぞお楽しみください。

カンパチは裏切らない(ハワイ編)

  • 2014/06/26 22:19
  • カテゴリー:ハワイ

ファイル 208-1.jpgファイル 208-2.jpgファイル 208-3.jpgファイル 208-4.jpg

大阪在住、森様グループの社員旅行でハワイ(オアフ)のカンパチジギングツアー本当にお疲れ様でした。
この時期、マグロ狙いはまだちょっと早く、ジギングでのカンパチが好調なので、それをメインに・・・。もしそれでも釣れなければボトムに・・・、それでもダメであれば帰りはトローリングで流して回遊魚を狙う・・・・そんなシュミレーションをしながら、パートナーと作戦を練る日々が続き、ついに迎えた当日、当初予定していたジギングの状況が良くカンパチを多数上がり、皆さん大喜びでホット一息。本当にお疲れ様でした。

北米や米国(ハワイ含む)でのフィッシングは、日本と時差があるので(日本時間で夜中~早朝=現地のフィッシング時間なので)、夜中にパッと目が覚め「あぁ~今頃、お客さんの送迎か~、洋上か~、問題なくちゃんと釣れているだろうか~」と気になって寝られません(笑)。LINEはとても便利ですね。現地からもその都度リアルに報告があり、世界中の状況がリアルタイムで掴めるようになりました。これで安心して寝れます。

キャプテンのケオニーは漁師でもあるので、もしマグロの群れに当たり沢山釣れたら、そのまま市場に持込、売りに行く事ができます。そうなると多少なりとも臨時ボーナスが出るかもしれませんね。これからがマグロの時期に突入するので楽しみです。

素晴らしいフィッシングを魅せて頂き本当にありがとうございました。

ハワイ(オアフ)の投げボーン

  • 2014/06/15 12:21
  • カテゴリー:ハワイ

20170217131733.JPGファイル 206-1.jpg

ハワイのガイド釣行、サーフの投釣りで大きなボーンフィッシュが釣れました。
ハワイのボーンフィッシュの特徴は何と言っても平均サイズが大きく、時には10ポンドを超える大物も釣れる事があります(10ポンド級=一升瓶サイズに相当します)。
通常ボーンフィッシュと言えば、甲殻類を食べますが、ここまで大型になると小魚も餌にしています。
特にサーフ海域に生息するオジサン(ヒメジの仲間)が大好物で、これを餌に、またルアーやフライの場合はこのオジサンをイミテーションにすると、良い釣りができませよ。
ボーンフィッシュは、=フライで狙う・・・というイメージが強いですが、ルアーでも、餌でも狙う事ができ、彼らガイドもそれをよく知っております。 
弊社フィッシュナビとしては、釣法に拘らず、皆さんの得意な釣りで、ボーンにチャレンジしてもらいたいと思います。
ハワイに行った際は是非、ボーンフィッシュを、物凄いスピードをご堪能ください。

ハワイの五目釣り

  • 2014/06/10 12:26
  • カテゴリー:ハワイ

ファイル 230-1.jpgファイル 230-2.jpg

平間様グループ、ハワイの五目釣りお疲れ様でした。
ライトジギングでは、カンパチ、オゴダイ、各自料理をしたいとの事でお持帰り頂きました。
弊社は提携しているボート&ガイドは大型クルーザーを使うので、多くの人数でもご乗船ができ、またお客様のいろいろなご要望に応じてくれますので頼もしい存在です。
7月からハワイではもうすぐマグロやカジキのシーズンに突入しますので、同料金でビックゲームに組合わせる事ができます。ハワイに行く際には是非チャレンジください。
「キャスティング」、「ジギング」、「餌釣り」、「トローリング」 よくばり4大ツアツアーも可能になります。

気楽に投釣りinハワイ

  • 2014/06/04 14:42
  • カテゴリー:ハワイ

ファイル 205-1.jpg

ハネムーンでハワイにお越しの田口様ご夫妻、この度はお疲れ様でした。
ハワイらしいローケーションでノンビリフィッシングをされたいとのご希望で、観光&ショアフィッシング(投げ釣り)を楽しまれました。小型トレバリー、オジサン、様々な魚を釣って頂きました。今回は出ませんでしたが、フライフィッシャー憧れのボーンフィッシュ(しかも大型サイズ)もヒットする事も多々あります。
車&ガイドもチャーターなので、お客様のお時間が許されれば、BBQや、観光、ショッピングを組合わせできます。更に夏季(7~8月)になるとノースショア付近で30kg級のGTも近くに寄りますので、岸から狙う事もできます。

フィッシュナビでは、お客様の釣法、魚種問わず、あらゆるジャンルのフィッシングにご対応させて頂きますので何なりとお問合せください。

ハワイ(オアフ島)のファミリーフィッシング

  • 2014/05/23 18:07
  • カテゴリー:ハワイ

ファイル 202-1.jpgファイル 202-2.jpg

北海道在中の高杉様ご一家のファミリーフィッシングinハワイ(オアフ島)、お疲れ様でした。
ご要望ではお子様も楽しめ、出来るだけ気楽に楽しまれたいとの事で、お気軽ライトフィッシングのセッティングとなりました。少し沖にでればすぐに漁場!カスミアジ、カイワリ、オジサン、チビキ、ベラなどなどライト五目釣りを思う存分楽しんで頂きました。
今回はボトムフィッシングでしたが、これから夏季になるとビックゲームに展開できマグロやマーリンを狙う事もできますので楽しみですね。もちろん釣った魚はレストランに持込みする事も出来ます。この度は本当にありがとうございました。

遂に弊社のハワイツアーをリリース致しました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
★新商品 ハワイ(オアフ島)ツアー http://www.8bird.com/fishnavi/hawaii/

ショアからオフショアまで、あらゆるエリアでのフィッシングを網羅しておりますのでハワイをご計画の際には是非お問合せください。また釣法においても様々なバリエーションにお応え致しますので、お客様の得意な釣りに応じてセッティングさせて頂きます。

例えば、「ボーンフィッシュ」を狙う場合、通常はフライフィッシングが主ですが、弊社ではルアーで狙うのもOK、何と餌釣りで狙う事もできます(実際それで釣れております)。それらスタイルに、弊社も、現地のガイドも全く拘りませんので、どんな事でもお気軽にお問合せくださいね。

出ました!ビックGT (パラオ編)

  • 2014/05/08 14:03
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 229-1.jpgファイル 229-2.jpgファイル 229-3.jpgファイル 229-4.jpgファイル 229-6.jpg20170214115625.jpg20170214115436.jpg20170214115502.jpgファイル 229-5.jpg20170214115603.jpg

大阪在住の杉本様ご夫妻のファーストGTツアーお帰りなさいませ。本当にお疲れ様でした。
パラオで年に一度(いや数年で一度)出るか出ないかという大物GTを見事キャッチされました。杉本さんご自身がとても大柄の方ですが、それに負けじと大きなサイズのGTです。弊社フィッシュナビ・パラオ部門の最大GTに認定です。おめでとうございます!
最後の最後で奥さんもファーストGTを見事キャッチし船上は大はしゃぎ、ご夫婦で最高な結果を出して頂きました。とてもアクティブな2人で3日間フィッシングではGTキャスティングをはじめジギング・ライトキャスティングを楽しまれ、オフロードバギーでパラオのジャングルを走り抜け、セスナ遊覧飛行ではパラオの空を独占!パラオのオプショナルも思う存分楽しんで頂いた7日間ツアーでした。

追伸)パラオでこのサイズのGTはなかなか釣れません。杉本さんは事の重大さに気づいておりません(笑)。本当にありがとうございました。

念願のバリ島フィッシング

  • 2014/04/27 17:41
  • カテゴリー:バリ

ファイル 199-2.jpg

リピーター星野様グループでのバリ島フィッシング、本当にお疲れ様でした。
バンコク、シミラン、ミャンマー、アジア圏内のGTフィッシングでメキメキ腕を磨いて、前回はモルディブ、今回はバリ島のご計画を頂きました。本来、この時期は海況も釣果も安定する時期で、この日に向けて(理屈上)最高の潮日程でツアーを組んでシュミレーションをしてきましたが、思いのほか、海水温が低くなり、ビックGTのフッキングまでは至ったものの、フックオフなど不運続き、皆さんに悔しい思いをさせてしまいました。
全体的に活性が低く、厳しい状況が続きながらも、諦める事なく気合でキャッチした貴重な1本、本当におめでとうございます。
記録更新できず悔しい思いをさせてしまいましたが、次回は必ず・・・ですね。
巨大GTは必ずおります!リベンジ心よりお待ちしております。本当にありがとうございました。

【卒業旅行】GTフィッシングにチャレンジ(東海大学海洋学部)

  • 2014/04/10 18:36
  • カテゴリー:バリ

ファイル 193-1.jpgファイル 193-2.jpg

東海大学海洋学部の奈良さん、お友達の小竹さん バリ島卒業旅行を兼ねた&GTチャレンジツアー、本当にお疲れ様でした。 弊社で一番安いエリアはバリ島のフィッシングツアーになりますが、それでも2名でボートチャーターとなるとどうしても高額になってしまいます(ましては学生さんにとっては尚更です)。ご本人の希望で3日間フルにフィッシングをしたいと意気込み満々、その熱意に負けて何とかツアーが実現できるようフィッシュナビ学割(←勝手に名づけました)、+奈良さんご自身でも海洋アルバイトで何とかご予算に達し遂に海外フィッシングツアーが実現しました。
日程については全てコチラにお任せしてくれたのが幸い、良い潮を選んで(理屈上)最高の日程でのツアー組みました。
バリ島は潮により良し悪しがハッキリしますが今回は「良い方」の経験して頂きました。大型GTも出して頂きバリ島らしいGTフィッシングを楽しみ頂けて本当に良かったです。
4月から釣具メーカにご内定を頂いたとの事、おめでとうございます!業界でのご活躍を心より応援しております。

祝ファーストGT!奥様おめでとうございます(リベンジ編)

  • 2014/04/06 18:29
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 195-1.jpgファイル 195-2.jpgファイル 195-3.jpgファイル 195-4.jpg

大阪在住のOTA様ご夫妻、パラオフィッシングお疲れ様でした。
旦那さんは昨年4月にファーストキャッチ、そして今回は奥さんにファーストGTを釣ってもらおうとリベンジを計画して頂きました。そして遂に見事キャッチ、本当におめでとうございます。
ツアーの中身は4日間ガッツリフィッシング!とてもストイックなご夫妻です。またのチャレンジ心よりお待ちしております。

ドナペンツアー DLXコンビネーション(後編)

ファイル 198-1.jpgファイル 198-2.jpgファイル 198-3.jpgファイル 198-4.jpg

8人で「ドーニ」と「スピードボート」を貸切り、DLXコンビネーション。
皆さんで仲良くローテーションしながら両方の釣りを楽しんで頂きました。夜はお酒を飲みながら夜釣りも楽しみ、気の合った仲間同士ですから楽しいに決まってますよね。ご参加者全員がGTをキャッチ、おめでとうございます。
この企画にご賛同頂き、本当にありがとうございました。

ドナペンツアー DLXコンビネーション(前編)

ファイル 228-1.jpgファイル 228-2.jpgファイル 228-4.jpgファイル 228-5.jpg

ドナペンこと羽染様グループ8名ご参加のツアー、本当にお疲れ様でした。
ペンションを経営でご自身が料理人でもある羽染さん、ヤップでフィッシングガイド業をしていたジャンボ宮田さん、レギュラーメンバーの皆さんも海外遠征豊富な方々、まさに鬼に金棒なメンバー達です。「安心で楽しいツアー宜しくね。期待しているよ~」とかなりプレッシャーをかけてきます(汗)。
「ドーニ」と「スピードボート」を貸切りでフルケアー、最近ホットな環礁も貸切?状態で5日間フィッシングを楽しんでもらいました。皆さん経験豊富だけにどうなるかとヒヤヒヤしておりましたが、羽染さんから現場レポート頂き「本当に楽しかったよ、全員が大満足だよ、料理も美味しかった、来年もやるよ」と嬉しいレポートを頂きました(ホッ)。良かったです。

自作ルアーで挑む究極のフィッシングツアー

  • 2014/03/30 15:41
  • カテゴリー:パラオ

20170313152439.JPG20170313152451.JPG20170313152500.JPG20170313152507.JPG20170313152514.JPG20170313152521.JPG20170313152528.JPG20170313152534.JPG20170313152542.JPG20170313152550.JPG20170313152603.JPG20170313152609.JPG20170313152620.JPG20170313152627.JPG20170313152635.JPG20170313152642.JPG20170313152657.JPG20170313152648.JPG20170313152704.JPG20170313152712.JPG

神奈川県にお住まいの永由様ご夫妻のパラオフィッシングツアー本当にお疲れ様でした。
弊社フィッシュナビ事務所の近くにお住まいでふらりとお立寄り頂いたのがキッカケ。同じ地元と言う事でいろいろ釣魚話に盛上っているうちにパラオツアーでGTチャレンジする事に決定となりました!永由さんは大ベテランの釣師、釣りそのものもちろんですが、自分でルアー作ったり、釣った魚の食べたり、その一連として楽しむ事ができる方で今回のツアーでは何と自作ルアーでチャレンジ(驚)!しかもそれでGTをはじめ、アカマス、何とセイルフィッシュまでヒットさせてしまいました。そんな釣人生を歩んできた旦那さんを見守ってきた奥さんもこのツアーでは生まれて初めて竿を握りキャスティングにチャレンジされ見事グットサイズのカスミをキャッチしてくれました。また釣った魚も日本料理屋(ドラゴン亭)でフルコースしてもらい最終日はショアフィッシング&BBQも満喫してフィッシング三昧ツアーとなりました。
ご帰国後、そのボロボロになった手作りルアーを見せてもらいました(一生の記念ですね、よくロストせずキープできましたね)。とても元気でアクティブで素晴らしいご夫妻でした。本当にありがとうございました。

日本初!DLXコンビネーションツアー(モルディブ)

ファイル 196-1.jpgファイル 196-2.jpgファイル 196-3.jpgファイル 196-4.jpgファイル 196-5.jpg

千葉県在住のリピーター磯野様&高村様のモルディブツアー、本当にお疲れ様でした。
なんと「ドーニ」&「スピードボート」を2人で貸切り、企画の段階から、現地からも「豪華すぎる」・・・と言われながら組んだツアー、DLXコンビネーション4泊6日(4日フィッシング)を楽しんで頂きました。ついでにホットな3環礁も2人占め!ビックGT筆頭にトータル50本弱の魚をキャッチ頂きました。
やってそうで、誰もやった事のなかったコンビネーションツアーを2人は見事やってのけました。
何よりも、この企画にご賛同頂いたお二人に感謝です。本当にありがとうございました。

バリ島の五目釣り&グルメ

  • 2014/03/09 17:53
  • カテゴリー:バリ

ファイル 231-1.jpgファイル 231-2.jpgファイル 231-3.jpgファイル 231-4.jpg

臺田様グループのバリ島社員旅行、本当にお疲れ様でした。
五目釣りご希望で釣った魚をレストランに持込んで宴会をする・・・目的がハッキリされておりました。
海況は荒れてしまいましたが、メインターゲットのオオクチハマダイ、カサゴ、オゴダイをしっかりキャッチ、中華料理屋に持込み成功!素晴らしい釣果・お料理画像頂きありがとうございました。
ここバリ島では釣った魚を和、洋、中・・・何でもアレンジできます。アフターを楽しみたい方にはバリ島はお勧めの場所です。

潮の見極め(バリ島編)

  • 2014/02/27 13:05
  • カテゴリー:バリ

ファイル 189-1.jpgファイル 189-2.jpg

和歌山在住の高橋様、紀州をホームグランドとし磯から沖までこなすベテランのお客様です。
バリ島でのフィッシングは初めてでしたが、大潮期間中の僅かな時合のタイミングを見極め、見事グッドサイズのGTをキャッチ!おめでとうございます。
かなりお楽しみ頂けたようで何よりです。またのご釣行心よりお待ちしております。ありがとうございました。

老舗バロス拠点でのフィッシングツアー

ファイル 190-1.jpgファイル 190-2.jpgファイル 190-3.jpgファイル 190-4.jpg

大阪在住の山中様ご夫妻、ハネムーンGTフィッシングお疲れ様でした。北マーレ環礁にある老舗バロスリゾート拠点でのフィッシングツアー、北マーレ環礁では一番人気のあるリゾートです。
あいにく悪天候の中でしたが、ツアー中はしっかりGT、アカマス達をキャッチ頂きました。
山中さん、ファーストGTキャッチ、おめでとうございます!

モルディブはレンタルタックル完備しておりますので、手ぶらでもしっかりGTフィッシングをサポートさせて頂きます。

ファーストGTおめでとうございます(パラオ)

  • 2014/02/10 12:43
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 232-1.jpgファイル 232-2.jpgファイル 232-3.jpgファイル 232-4.jpg

北海道帯広在住の中村様&蓑島様、パラオツアーお疲れ様でした。
極寒の北海道から南国パラオへ。GT初挑戦ですが、それをまったく感じさせない釣果で、お二人ともグッドサイズのGTをキャッチ頂きました。4泊5日(3日フィッシング)GT&ライトキャスティングのコンビネーション、パラオらしいフィッシングを満喫頂きました。
パラオは裏切りませんね。ありがとうございました。

ファーストGTチャレンジツアー(ガッツリ編)inパラオ

  • 2014/02/02 16:07
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 187-1.jpgファイル 187-2.jpg

広島在住の武田様&岡崎様のパラオファーストGTツアー、本当にお疲れ様でした。
5泊6日(4日間フィッシング)のガッツリフィッシングをご希望されました。弊社でも2日間、3日間フィッシングはよくありますが、4日間フィッシングとなるとかなり気合が入ったツアーです。
若さとパワーを生かしお二人とも見事ファーストGTをキャッチ、おめでとうございます。若手20代のアングラーが増えてきました。今後のお二人のご活躍を応援しております。

ハネムーンGTフィッシング inモルディブ(オルベリ滞在)編

ファイル 186-1.jpgファイル 186-2.jpgファイル 186-3.jpgファイル 186-4.jpg

九州在住の中島様ご夫妻のハネムーンフィッシング、本当にお疲れ様でした。
普段は九州の地磯でキャスティング青物をされている中島様、今回ハネムーンツアーで選ばれたのは、南マーレ環礁にあるオルベリリゾートを選択されました。弊社が手配する南マーレ環礁内のリゾートでは一番人気があり、リゾートステイでのフィッシングを楽しんで頂きました。サイズは出なかったものの、経験値が豊富な分、数をしっかり出してくれました。
この度は本当にありがとうございました。

ハネムーンGTおめでとうございます。

  • 2014/01/07 15:16
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 185-1.jpgファイル 185-2.jpg

九州の岩永様より、パラオツアーお疲れ様でした。ハネムーンするなら絶対GTを釣りたいとのお問合せでその熱い思いが伝わりました。そして見事、ファーストGTをキャッチ頂きました。本当におめでとうございます。

★ビックマーリン★ おめでとうございます。

  • 2013/12/09 22:55

ファイル 233-1.jpgファイル 233-2.jpgファイル 233-3.jpgファイル 233-4.jpgファイル 233-5.jpgファイル 233-6.jpg

品川にお店を構える老舗お寿司屋(藤寿司)3代目こと藤田様
。本職は寿司職人、休みはアングラー、・・・・という事は365日魚に携わる?魚の目利きだけでなく、ビックゲームに対する情熱とストイックな精神を備えたお客さまです!スピニングマーリンの開拓者の一人でもある藤田様、ブルーマーリン(クロカジキ)148kg筆頭に数本のマーリンをキャッチ、おめでとうございます。

このカジキの話に付随してですが、釣れる大きなカジキは殆どメス(雌♀)であるのをご存知ですか?黒鯛も成長すると全てメスになりますし、この辺で釣れる大きなスズキもメスが殆どです。魚の世界では一部かもしれませんが、雄(♂)はショボイものです。

人気商品「パラオでのフィッシング&海遊び三昧」

  • 2013/08/28 11:34
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 180-1.jpgファイル 180-2.jpgファイル 180-3.jpgファイル 180-4.jpg

福岡ご滞在の高間様のパラオファミリーのフィッシングツアー、本当にお疲れ様でした。
遂に家族旅行が実現となり、そんな釣好きを心に秘めたお父さんが、フィッシュナビのブログをご覧頂き、「これだ!」と・・・感じられたそうで、「GTキャスティング&ライト、スノーケル、その他オプショナル・・・・、家族全員で楽しめるツアープランを作ってほしいとのご要望を頂きました。

ボートチャーターをベースとしたツアーは高額になりますが、周りを気遣う事なく、自由に気ままに楽しむ事ができ、またボートで出来る遊びは全てここで網羅できます。それがこのボートチャーターの利点であり、もちろんフィッシングの合間にスノーケルなどの組合わせもできるのが人気の一つです。
このツアーの目的は、もし釣好きなお父さんがいるなら、「旅行先で釣りもできたらな~」と心に秘めながらも、渋々「釣り」をする事を諦めている方が多数いらっしゃる事が分かりました。
そこでフィッシュナビでは、本気で釣りをしたい!でも家族サービスもしっかりしてあげたい!・・・そんなお父さんの悩みを解決するプランをここにご用意しております。それが弊社の人気商品「パラオのフィッシング&海遊び三昧」になります。これを組合わせれば大抵こ事は円満に解決します(家族会議の中で)!「ライト?」「GT?」「スノーケル?」「家族サービス?」・・・・全部まとめてください! もちろん、好みの釣りジャンルを絞ってお楽しみ頂くこともOK、順序も内容も自由に変えられますし、釣りをされない方も退屈させません。 コミコミプランには、レンタル釣具(キャスティング)、スノーケルセット(人数分)、ランチ&飲物をご用意致しますので、つまり手ぶらでご参加OKです。※カメラは忘れないでお持ちくださいね。言葉は優しいですが、内容も気楽にイケます、しかしガチ本気GTフィッシングへ展開もできますので、途中で闘志がメラメラ湧いてきたら、是非ビックゲームもチャレンジしてみてください。
結果はかなり魚は釣って頂き、最後にお父さんにはビックGTを・・・・というカッコいいシナリオでしたが、ポイントでは数バイトあるも残念ながらフッキングに至らず、悔しい思いをさせてしまいました。
でも多くの多種多彩な魚をキャッチでき、楽しんで頂けたようで本当に良かったです。次の機会があるといいですね、その際はリベンジを心よりお待ちしております。

ファミリーフィッシング(バリ島)

  • 2013/08/22 21:08
  • カテゴリー:バリ

ファイル 179-1.jpgファイル 179-2.jpgファイル 179-3.jpgファイル 179-4.jpgファイル 179-5.jpg

愛知県在住の酒井様一家のバリ島フィッシングツアー、本当にお疲れ様でした。
今回は家族で釣りを楽しみつつ、最後はお父さんに大きなGTを釣ってもらうというカッコいいシナリオが秘められておりましがあいにく潮が悪くGTに関しては活性が悪くキャッチなりませんでした(ごめんなさい)。ただ、五目釣りは絶好調で、特にカツオ(スマガツオ)が大漁で皆さん大喜び、釣った魚を食べる・・・という最大の目標を達成し、釣った魚を全て日本料理屋「竹」に持込む事に成功!竹の大将も料理し甲斐があったでしょうね。ご帰国後早々にお写真とレポートを頂きありがとうございました。

酒井さんから「八鳥さんこの魚は何ですか?」とご質問頂きましたので、ここでご回答致しますね。

【画像左】朱色の魚は・・・、
ハタの仲間で「アカハタモドキ」といいます。高級魚で「アカハタ」という魚がおり、見かけは殆ど瓜二つですが、アカハタは背びれの渕が黒くなっているので、そこで区別ができます。もちろん、このアカハタモドキも美味しい魚である事は言うまでもありません。因みにこのハタは煮つけで頂いたそうです。

【画像右】赤黒い魚は・・・、
ベラの仲間で、おそらく「タキベラ」と思われます。背中の黒い斑点が特徴です。本来もっと鮮やかなのですが、おそらく老成魚ではないかと思います。こちらは塩焼きで美味しく頂いたそうです。

本当にありがとうざいました。今度は是非とも大きなGTもプラスしてください!

瑠璃色紀行/南アリ環礁(南端)リリィビーチリゾート滞在

ファイル 177-1.jpgファイル 177-2.jpgファイル 177-3.jpgファイル 177-4.jpgファイル 177-5.jpgファイル 177-6.jpg20170317125710.jpg20170317125642.jpg20170317125658.jpg20170316220222.jpg20170316215230.JPG20170317125630.jpg

富山在住の一原様ご夫妻、モルディブツアー本当にお疲れ様でした。
今回の目的は4つ、最高の場所でのんびりリゾートライフ、ダイビング、スノーケル、そして締めくくりはファーストGTフィッシング・・・、8日間のツアーを思いっきり楽しんで頂きました。
スノーケルでジンベイザメを見てみたいとのご依頼で、まずはこの時期ジンベイザメの遭遇率が高い環礁を滞在拠点に絞り、これをもとにツアープランを協議しました。滞在リゾートは南アリ環礁(南端)にあるリリィビーチリゾートをご選択頂きました。このリゾートは首都マーレから小型水上飛行機を使わないと行けない場所にあり、(このフィッシングスタイルにおいて)普段はなかなか行く事ができないエリアの一つです(ボートをそこまで持っていく段取りも含め・・)。でもこんな遠方環礁のリゾートでも日本人スタッフが在中しており、日本語が使えるのも嬉しいですね。

ここのリゾートを手配するのは弊社フィッシュナビも初めて、リゾートスタッフ達も、こんなキャスティング専用ボートの乗入れシステムがあるのか・・・とビックリされておりました。
ツアー期間中、ボートが使えるのが1日のみでしたが、それでも5~6キロのアカマス10本以上、10kg近くのコクハンアラ、サメ、カスミ、10~20kgのGTが8本・・・という凄い釣果でした。
他にも、明らかにサイズの大きなGTのバラしもあったそうで、リゾートライフもフィッシングもダイビング&スノーケルも本当に最高だったと嬉しいお言葉を頂きました。多種多彩な魚群とたわむれた水中写真も拝見し、まさにモルディブらしい瑠璃色紀行を魅せてくれました。

あれっ、ファーストGTチャレンジのはずでしたが、もの凄い結果になってしまいました。全てを成し遂げた一原さん、本当にお疲れ様でした。またの満喫を心よりお待ちしております。

インド洋の牙魚?TOPでいきなり(モルディブハネムーンフィッシング)

ファイル 176-1.jpgファイル 176-2.jpgファイル 176-3.jpg20170223184701.JPG20170223184712.JPG20170223184636.JPGファイル 176-6.jpgファイル 176-4.jpg20170216174238.JPG20170223184648.jpgファイル 176-5.jpg20170216174252.JPG

福岡在住の郷原様ご夫妻のモルディブハネムーン釣行、お帰りなさいませ!本当にお疲れ様でした。
今回は「ゲストハウス」&「オルベリリゾート」のコンビネーション滞在、フィッシングツアーとなりました。このパターンはイレギュラーですが長期滞在ゆえご予算を考慮しリゾート分泊でのコンビネーションツアーとなりました。弊社フィッシュナビがモルディブツアーをリリースしてから1年、お客様のご要望は十人十色でいろいろなバリエーションができるようになりました。時期は6月、この時期のモルディブは本来雨季なのですが雨が降ったのはたった1日のみで乾季の様に爽やかな日々をお過ごしされたようで本当に良かったです。フィッシングに関しても初日でいきなり大きなイソマグロをトップで出しこれを筆頭にグッドサイズのGT、カスリハタ、カスミアジ、バラフエダイ・・・数えきれない程の魚と楽しんでもらいました(途中でもうカウントしなくなったそうです)。空き時間を利用してスノーケルではマンタ・ウミガメ・多種多彩な魚とたわむれモルディブの良さを思う存分楽しんで頂きました。

ご帰国後に頂いた画像は何と400枚!その夢を叶えたお客様のお写真画像というものは弊社にとってもとても貴重な財産でありお客様同様に嬉しくてなりません。この度は本当にありがとうございました。またのご計画を心よりお待ちしております。

やはりパラオは凄い!

  • 2013/07/01 19:53
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 175-1.jpgファイル 175-2.jpgファイル 175-3.jpgファイル 175-4.jpg

大阪在住の田中様、パラオツアー本当にお疲れ様でした。
急遽お休みができ、初の海外フィッシングのご相談を受け→なんとその1週間後にはパラオ洋上でキャスティングが実現しました。ファーストGTを見事達成され、コクハンアラ、キツネフエフキ、アカマスなどなど多種多彩な魚と遊んで頂き楽しい4日間をお過ごし頂きました。ここまで多種多彩な魚が釣れると楽しいですね。

この様に急遽行けるようになった場合も、飛行機・ホテル、そしてフィッシングガイドに空きがあれば間際でもお手配できます!皆さんのご予算、行きたい国、釣りたい魚などご要望に応じてアレンジ致しますので何なりとお問合せください。田中さんこの度は本当にありがとうございました。またのチャレンジ、心よりお待ちしております。

モルディブ(ハネムーン)GTフィッシング(ギリランカンフシ滞在)

ファイル 173-1.jpgファイル 173-2.jpgファイル 173-3.jpgファイル 173-4.jpg

東京にお住まいの奥山様ご夫妻のハネムーンフィッシング、本当にお疲れ様でした。ハネムーンは絶対モルディブでGTフィッシングと決めておられ、それが遂に現実となりました。北マーレ環礁を代表するココアリゾート、バロス、ギリランカンフシ・・・・、泊まってみたいリゾートをいろいろピックアップしながら協議、GTフィッシングの作戦を練る・・・。このような準備期間もツアーの一環で楽しい一時であります。協議の結果、弊社お客様ご利用率、人気NO.1、ギリランカンフシ滞在6日間ツアーに決定となりました。
弊社が新スタイルのモルディブフィッシングツアーをリリースしてからちょうど一年、一番初めに使ったリゾートもここギリランカンフシで特別な想いがあります。フィッシングの方は依然好調で、大物は出ませんでしたが、その代わり数はかなり上がったようです。
見事なアカマスですね。アカマスは根回りを好む魚で、ヒット後、すぐに根に潜ろうとするので(ついでに高額なGTルアーごと持ってかれるので)、いわば釣人の泣かせな魚ですが、本命GT含め良い釣りができて本当によかったです。

2004年に私自身もハネムーンフィッシングをしました。
それゆえにこの様な特殊なツアーでお客さんに楽しんでもらいたい一心で、特に人生の大切な節目であるハネムーン(これから長い人生を共に歩んで行こうとする)ご夫婦のお客様に少しでもお力になれればと、お客様と歩んで参りました。
終始楽しいやり取がしばらくできなるなるのが淋しいですが、またチャンスがあるといいですね。
末永くお幸せに、本当にありがとうございました。

井阪裕子さん/釣ビジョンのロケ(inパラオ)

  • 2013/06/11 17:47
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 172-1.jpgファイル 172-2.jpgファイル 172-3.jpgファイル 172-4.jpg

この度はパラオツアー本当にお疲れ様でした。
釣りビジョンさんの撮影でエギパラこと「エギパラダイス」に出演の裕子ねえさんこと“井阪裕子さん”にファーストGTを上げてもらう使命(仮称)でパラオでのGTフィッシングツアーをお楽しみ頂きました。
当初は井阪さんご自身でのプライベート釣行で話を進めておりましが出発間際で急遽内容が変更しフィッシングロケという形になりました(驚)。
井阪さんはお仕事柄、各地の釣りロケに行ったり、会場で司会やトークをこなしたり、有名な方と対談したり、多くのファンに元気を与える日々・・・私の10倍、いや100倍忙しい方で、メールのやりとりはきまって深夜~早朝の時間帯でいかにご多忙であるかが伺えました。今回はその忙しい合間をぬっての海外釣行となりました。
私に出来る事は、井阪さんにとって安心したツアーを提供すべく、総動員でベストを尽くしますので普段が忙しい分せめてご旅行の時ぐらいはノンビリ気ままにやってください・・・そんな気持ちでした。
肝心のフィッシングでは普段の経験がものをいい多種多彩な魚は難なくキャッチ頂くも、本命GTに関してはなかなか出てくれず、遂に最終日にそれも最後の最後でやっとGTが出てきてくれてファーストGTキャッチとなりました。投げて、投げて、投げて続けた3日間、根性で釣上げた貴重な1本、嬉しいに違いありません。本当におめでとうございます。
そして終始その絵を撮り続けていたカメラマンの中村さん本当にお疲れ様でした。中村さんからは「最後の最後でGTが取れて本当に良い映像が撮れました!」そんな嬉しい言葉を頂きました。

井阪さん、釣りビジョン中村さん、この度は本当にありがとうございました。今後の更なるご活躍を心より応援しております。

憧れの“クラブメットカニ”滞在でのGTキャスティングツアー

ファイル 171-1.jpgファイル 171-2.jpgファイル 171-3.jpgファイル 171-4.jpg

バンコク在住の星野様、モルディブGTフィッシング、本当にお疲れ様でした。
もう半年前からご予約を頂いてのやりとりでしたが、この本番モルディブでの洋上を想定し、タイのシバタン洋上でGTトレーニングを積み、その意気込は本物です。今回は北マーレ環礁にある大人気のクラブメッドカニリゾートを選択頂き、そこを宿泊拠点としたGTフィッシングをお楽しみ頂きました。この海域はGTの魚影が濃く、開始早々にいきなりビックGTがバイト!・・・・したものの、残念ながらファイト中にフックオフ、その悔しさを聞かせてくれました。でも終始退屈する事なく、グッドサイズのGT、アカマス、アオチビキ、などなど思う存分魚をキャッチ頂きホットしました。逃したGTが相当大きかっただけに、そのご様子は悔しそうでしたが、その対策の猛勉強してます・・・次回への想いが頭をグルグルまわっております・・・・との報告を頂きました。
バイト率が上がれば、おのずとキャッチ率も上がります。でもそれに付随してルアーロスト率も比例してしまいます(泣)。ご帰国後早々追加ルアーを購入頂き、更なる対策と意気込み満々!またのチャレンジを心よりお待ちしております。
この度は本当にありがとうございました。

海況が悪くてもしっかりキャッチ(パラオ)

  • 2013/05/25 20:48
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 170-1.jpgファイル 170-2.jpg

茨城在住の堤様のパラオフィッシングツアー本当にお疲れ様でした。
もう半年前からやり取りですが、それもあっという間ですね。ご都合上、4日間とショットトリップながら、今回はファーストGTを兼ねた釣行で2日間ガッツリフィッシングをお楽しみ頂きました。
まずはライトキャスティングで肩慣らし、良型ロングノーズを2本なんなくキャッチ、このサイズになるとライトタックルでは最高なファイトのはずです(私はそれで満足してしまうかも…)。
そしてGTチャレンジに、初日から何度かバイトが出るもフックアップに至らず、GTかなと思いきや、これまた良型のカスミアジがファーストフィッシュとなりました。
しかし、ツアー中、終始天候と海況が悪く、バイトまではシッカリ誘導てきても、(活性が低いせいか)フッキングに至らず、ラストのポイントで大きなGTをフッキングしたものの、途中でフックアウト、今ツアーでのGTはお預けになってしまいました。もちろん技術はあっても、バイトの仕方によって何をやっても取れる魚、何をやっても取れない魚があります。それも「釣り」の性質なのですね。お客様が悔しい思いをされた時は、もちろん私もガイドも悔しいです。

ご帰国後、早々お写真を送って頂き、大変充実した釣りができました。また行きたいとの旨、暖かいお言葉を頂きました。
堤さん、本当にありがとうございました。今度は大きなGTをやりましょう。またやり取させて頂くのを心よりお待ちしております!

トラック(チューク)諸島フィッシングツアー

ファイル 237-1.jpgファイル 237-2.jpgファイル 237-3.jpgファイル 237-4.jpgファイル 237-5.jpgファイル 237-6.jpg

御蔵島在住の西川様ご夫妻、小木様、外山様のチューク(トラック)フィッシングツアー本当にお疲れ様でした。
去年2月、西川様ご夫妻のハネムーンで「バリ島&コモド島」Wツアーで見事ビックGTを飾って頂いてからもう一年(早ッ)、今年はお友達も連れてミクロネシア・チュークでのフィッシングを楽しんで頂きました。
御 蔵島で商店を営む西川ご夫妻、同観光局の外山さんと郵便局の小木さんの4名様・・・、御蔵島の中枢を担う素晴らしい仲間たちですね。西川ご夫妻のフィッシングの腕前はお墨付き、お友達はファーストGTチャレンジでしたが全員が見事GTをキャッチされました。「インドネシアのような大物はいませんがとにかく魚影が濃く圧倒的な魚種量で五目釣りをしているようでした」・・・そんな感想を頂きました。GT筆頭にチャイロマルハタ、バラフエ、アオチビキ、カスミ、バラクーダ―、チュークのポテンシャルを思う存分味わって頂けたようで嬉しいです。
チュークへのアクセスは、定期便が少なく(週に3便のみ)、日程取りには苦労します。それもあってパラオと比べると渡航者がとても少なく、弊社フィッシュナビでもチュークは滅多に手配しません。でも逆を言えば、それだけ手つかずの自然が残っている・・・と言う事になります。しかもチューク在住歴40年のスーパーガイド(末永さん)と提携して、現地ではフルケアしてくれるのでまさに鬼に金棒、とっても楽しく安心なツアーになります。お帰りはグアムに滞在、ひと遊びしてから、日本にご帰国・・・という8日間 のミクロネシアツアーをご満喫頂きました。
チュークは巨大イソマグロ釣りができる場所で有名で、どちらかというと旅慣れて新たな秘境を求める方、自然遊びが得意な方が行かれる傾向がありますが、現地システムはしっかり整っており、かつ魚影が濃いのでファーストGTフィッシングに持ってこいの場所でもあります。宿泊先のブルーラグーンリゾートは名前のごとく目の前が海!そこでキャスティング練習ができますし、実際に魚がバイトしてくる場合もあります。フィッシング他、スノーケル、戦跡ツアー、無人島巡り散策、釣った魚のBBQなど、非日常的なひとときを味わう事ができますのでお勧めな場所であります。

ご家族でGTフィッシング!in パラオ

  • 2013/02/08 21:31
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 161-1.jpgファイル 161-2.jpgファイル 161-3.jpgファイル 161-4.jpg

横浜在住、赤泊様ファミリー、パラオツアー本当にお疲れ様でした。
フィッシングショップ・サンスイさんからご紹介頂きましたお客様でかなりの経験者です。
ツアーではとことんフィッシング、当初ペリリュー遠征を強くご希望されておりましたが、昨年12月の大型台風の影響で流木が海に流れ込んでしまい、残念ながらこのプランは断念。あと重要視されていたのが「潮」と「干満の時間帯」で、パラオのタイドテーブル(潮時表)をもとに協議しながら、ツアー日程を1月下旬に設定されたのでした。
パラオの場合、潮が上がるとGTなどの大型魚が浅場に餌となる小魚を探しにくるので、それを狙うのですね。そうするとヒット率も高くなりますが、浅瀬でリーフエッジなどの障害物が多い為、ラインブレイクする確率もヒット数に比例して高くなる・・・というのが特徴です。そんなパラオのクセや特徴も良くご存じて、事前に(人為的に)出来る事はしっかりに準備し、当日に挑む・・・そのスタイルは流石ベテランアングラーと思いました。 
その甲斐もありバイトは相当数あり、親子そろってGTキャスティング、ライトキャスティングを思う存分楽しみ頂けたようで何よりです。
ご帰国後お手紙とお写真を頂きましたので、このブログでお礼させて頂きます。

私が驚くべき事は、赤泊さんご家族全員がボートに乗り、全員でフィッシングされた事(←意外に珍しい)。更に驚くべきは小学生でGTフィッシング~、そしてキャッチ、ものすごい時代になりました。この年でGTフィッシングの醍醐味を知ってしまったら、今後どうなってしまうのでしょう(凄)。
この度は本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

アジ科最大魚?ベラ科最大魚?想定外の50kgオーバーは?

20170316214906.JPG20170316214831.JPG20170316215247.JPG20170316215349.jpg20170316214239.jpg20170316214408.jpg

阿知波様、ご友人で愛知でフィッシングショップを営む宮崎様、この度はモルディブ(ガーフダール環礁)遠征、本当にお疲れ様でした。ガーフダール環礁とはモルディブの南端に位置し首都マーレから400km(国内線で約1時間)にある環礁エリアで殆ど手つかずのポイントがここにあります。阿知波さんからツアーレポートを頂きましたので下記掲載させて頂きます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今年の冬は異常気象で乾季なのに天候によって海が荒れることが度々ありちょうどそんな一週間に当たってしまいタフコンディションの中のゲーム展開となりました。そんなコンディションでもドラマがあるのがやはりガーフダール環礁でした。なんと“ナポレオンフィッシュ”が初日から4日連続で出てきてその内の2匹は58kg、55kgの超巨大サイズ(他は35kg前後で計4本)魚が浮いて視認できるまでは巨大GTかと思い込んでいました。GTと違い最後の最後まで諦めない根性者でとてもそのファイトはダイナミックでスリルに満ちたものでした。夢のオーバー50kgの魚がGTでなくナポレオンが先に釣れてしまうとは完全に『想定外』でした。
ナポレオンは環境保護種でありキャッチ&リリースは絶対ですので引上げからリリースまでも特に気をつけて最大のケアでリリースを心がけそのおかげで4匹とも元気にリリース後は泳いで海に帰って行きました。ナポレオンフィッシュはダイバーにも大人気でもちろんこれを狙っていない外道とはいえ写真掲載は物議をかもし出すかもしれませんが稀少性でいうと狙っても中々釣れるものではないので大切な記念魚として撮影はさせて頂きました。しかしナポレオンフィッシュが水面を割ってルアーに飛びついてくるなんて実際に目の前で起こるまでは信じられませんでした。

・・・そうですね。ナポレオン(メガネモチノウオ)はベラ科最大魚で100kg以上(最大200kg)に成長します。もちろんこの海域にも怪物サイズがいる事でしょう。あまりにもナポレオンがインパクトありすぎて本題を忘れてしまいましたがグッドサイズのGTをはじめ、コクハンアラ、カスミ、イソンボなど多種多彩なお楽しみ頂けたようです。阿知波さん・宮崎さん本当にお疲れ様でした。

究極のモルディブ・ハネムーン&フィッシングツアー

20170307183554.jpg20170307183608.jpg20170307183620.jpg20170307183636.jpg20170307183648.jpg20170307183658.jpg20170307183711.jpg20170307183720.jpg20170307183730.jpg20170307183740.jpg20170307183757.jpg20170307184335.jpg20170307184355.jpg20170307184410.jpgファイル 158-2.jpgファイル 158-6.jpg

秋田在住の奥寺様ご夫妻、モルディブ・ハネムーンツアー本当にお疲れ様でした。何度かブログにてご紹介させて頂いておりますが、昨年4月より始動した新しいモルディブフィッシングツアーで、ドーニ(船中泊)スタイルではなくリゾートに宿泊しながらデイトリップ(日帰り)スタイルであるのが特徴です。モルディブは島の一つ一つが小さい為、1島1リゾートが基本。リゾートそれぞれに個性がありお客様の好きなリゾートに滞在してもらいながらGTフィッシングが思いっきり楽しめるのが当該ツアーの最大の魅力です。奥寺さんはこのツアースタイルにご賛同くださり、お2人の大切なハネムーンツアーをフィッシュナビで実現してくれました。
無数のリゾートがある中、最終的には北マーレ環礁にある人気リゾートまるで秘密基地を思わせる“ギリランカンフシ”をご選択されここを拠点に究極のモルディブ・フィッシングツアーが始まりました。
今回はファーストGTチャレンジですが奥寺さんご自身はフィッシング経験が豊富なので安心しておりましたが、予想通り多数のGTをはじめ、カスミ、アカマス・・・と遊んで頂きました。その中にはグッドサイズも混じり魚の魚影とストック量には感動されておりました。フィッシング以外にもスノーケルを楽しまれたり、マッサージで癒されたり、モルディブ全てを思う存分味わって頂きました。今回のツアーでは「スリランカ航空」を利用頂きましたが、この最大のメリットは受託手荷物は何と30kgまで無料!この範囲内であれば個数も長さも制限ありませんのでバズーカ(ロットケース)他フィッシング機材をいるいろ積めるので釣人には嬉しいです。
またGTフィッシングが初めての方でタックルをお持ちでなくても現地にはレンタルタックルを完備しておりますので手ぶらで本格的なGTフィッシングをお楽しみ頂けます。
奥寺さんはお医者さんという職業柄、普段ご多忙な中いろいろご調整頂き本当にありがとうございました。今後のご活躍を心より応援しております。

憧れのバリ島での挙式&ハネムーンフィッシングツアー(巨大アジ編)

  • 2012/12/18 22:33
  • カテゴリー:バリ

20170313152316.JPG20170313152324.JPG20170313152102.JPG20170313152247.JPG20170313152207.JPG20170313152215.JPG20170313152231.JPG20170313152125.JPG20170313152111.JPG20170313152132.JPG20170313152145.JPG20170313152118.JPG20170313152200.JPG20170313152302.JPG20170313152238.JPG20170313152254.JPG

愛媛・松山在住の日山様ご夫妻、バリ島「挙式」&「ハネムーン」&「フィッシング」の3点盛ツアー本当にお疲れ様でした。旦那さんは大工さん、奥さんは保育士さん、お2人ともとても普段は大忙しでそんな時間の合間をぬってのやり取でしたね。今回の舞台はバリ島ヌサドゥアにあるコンラッドに滞在、バリ島内で一番人気のある教会インフィニティー(コンラッド内)で挙式、その後は旦那さんはガッツリ3日間フィッシング、奥さんはエステにショッピング、究極のカスタムツアーとなりました。

一般旅行であれば「飛行機」+「ホテル」の2項目が整えばツアーが成立します。そこに「フィッシング」が加われば3項目となり、それに「挙式」を絡めると4項目となり、更に「潮の良い日」を絡めると5項目になります。日常、当たり前のようにこなすフィッシングツアーの手配も、項目が一つ二つ増えるだけで、突破口が一気に小さくなります。特に「フィッシング」、「挙式」は1つしかありませんので、フィッシングツアーが組めても、挙式が取れなければ(その逆も・・)また一から組み直さなければなりません。そんな5本の手綱を同時に操る鵜飼いのようです。でも本当の助けになったのは状況が整ってから日山さんご夫妻がお休みを調整くださったのでした。
奥さんからの事前情報では、旦那さんはかなりの釣りキチで(地磯からのヒラマサ釣りを得意とし)、弊社フィッシュナビのホームページをご覧頂き、バリ島巨魚フィッシングに対し意気込み満々、「ウチの旦那は期待してますよ~」と優しくプレッシャーをかけてきます(笑) 。

それも5月中旬からのやりとりですが、全ては怖いぐらいに順調に進みここで「運」を使い果たしてしまうのではないかと心配してしまいましたが、ツアー中は最高の天気で挙式を無事終えました。またフィッシングにおいても初日でいきなりファーストGTを達成し、この段階でツアーの目的が成されました。更に2日目はレンボガン南回りからスタート、大型ロウニンアジが居付くP岩にて遂に巨魚を出して頂きました。数回の猛アタックを経て最後は大口開けてルアーを丸呑みし遂にフッキング成功!至近距離で見たそのド迫力な光景と魚のパワーには度胆を抜かれたそうです。遂に浮上したロウニンアジの大きさには圧巻、釣り人生最大魚を目の前に膝にのしかかる重さを十二分に感じて頂きました。
写真撮影も終え疲労もピーク、ポイント移動中に受ける心地よい風は何とも爽快感だった事でしょう。そんな喜びもつかの間、次のポイント到着後にヒットしこれも良いサイズのGTでした。まるで二日酔いの迎え酒のごとく巨魚ファイトの直後に次のファイトは体に堪えますね。これは日山さんにとって不幸(良い意味で)だったかもしれませんね。ツアー中はトータル3本のGTをキャッチしバリ島のポテンシャルを思う存分味わって頂きました。

ツアーも無事終了し、関西空港に到着後、車で帰路愛媛松山へ。ご自宅に到着すると早々にお電話を頂き、天候も良く挙式もフィッシングも観光も全て順調に運んだ様子を語ってくれました。その後、奥さんからのメールでは「今旦那はニヤニヤしながら嬉しそうに後片付けておりますよ(笑)」と実況報告、その後の雰因気がより十分に伝わりました。

お客様の大切な人生の節目に携わる責任は重大ですが、お客様一組一組の感動はフィッシュナビの財産でもあります。この度は本当にありがとうございました。

念願の初パラオ&初フィッシングツアー

  • 2012/12/07 20:37
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 156-1.jpgファイル 156-2.jpgファイル 156-3.jpgファイル 156-5.jpg

群馬県で設備工事業を営む大塚様ご夫妻、この度はパラオツアー本当にお疲れ様でした。
休日があってないようなぐらいお忙しい中、何とかお休みを調整する事ができ念願の初パラオ&初フィッシングツアーが実現となりました。釣好きな旦那さんはガッツリフィッシングを、奥さんは別行動でとにかくノンビリ、それぞれが楽しむスタイルでお話しが進みましたがボートチャーターの利点を生かし、スノーケル、ロックアイランド周遊、ミルキーウェイ、ジェリーフィッシュレイクなど、このボートで出来る海のオプショナルツアーを全てしちゃいましょう・・・という事で奥さんも乗船となりました。

イルカの群れに歓迎されながら、まずは前菜としてライトタックルで魚の顔を見て安心してもらい本番のGTゲームへ。キャスティングゲームにおいてパラオはまさに教科書的な場所で、リーフ、シャロ―、水路、ドロップオフ、潮目といったポイントが(視覚的にも)分かりやすくそこに投げれば何かしら魚が出てきます。たとえそれが、サメ、バラクーダー、アカマス、ホシカイワリだったとしても、今後必ず出るであろう本命GTに備え、ファイト練習には持ってこいのターゲットですし、とにかく退屈することがありません。今回はファーストGTという名目でしたが結果グッドサイズ混じる3本のGTをキャッチされ数えきれない多種多彩な魚と遊んで頂けたようです。ツアー中は2日フィッシングでしたが、結局1日延長してトータル3日間のとことんフィッシングを楽しまれました。

ご帰国早々、画像を送って頂き、旅のエピソードもいろいろ聞かせてくれました。旅が終わりになるにつれて、もう旅先での未練が徐々に薄れ、だんだん現実的になります。それが仕事だったり様々ですが、特にペットを飼っている方はそれも気がかりでならないでしょう。そんな頂いた愛犬のお写真がその雰因気をよく伝えてくれました。

バリ島ファーストGTツアー/沿岸(スミニャック)+内陸(ウブド)のW宿泊GTツアー

  • 2012/11/30 20:39
  • カテゴリー:バリ

20170314141132.jpg20170314133226.JPG20170314141104.jpg20170314133252.JPG20170314141144.jpg20170314133240.JPG20170314133210.JPG20170314141117.jpg20170314133304.JPG20170314133319.JPG20170314133335.JPG20170314133349.JPG20170314133401.JPG20170314133412.JPGファイル 155-5.jpgファイル 155-6.jpg

兵庫県在住の近藤様、奥村様、間嶋様 バリ島ツアー本当にお疲れ様でした。
実質上、皆さんファーストGTツアーですが、近藤さんのみがベテラン、皆さんを気遣って1日フィシングすべきか?悩んだそうです。ただ「フィッシングを2日間にしとけば良かったと後悔したくないので、2日間にするにはどうしたらよいだろうか?」そんなご相談を受けながらのスタートでした。

フィッシングに関して言えば、大型ロウニンアジが棲んでいる海域を目の前に1日だけだと勿体ないし(その日によって状況の良い悪しあるので)、やはり2日以上のフィッシングを推奨したいところです。
今回は潮がよく動く日程なので、時合の時だけしっかり集中し潮止まりにはレンボガン島に上陸散策やスノーケルなど、このボートで出来る海のオプショナルツアーを全てここでしちゃいましょう・・・という提案をさせて頂き2日間フィッシングになりました。レンボガンに行くだけのツアーでも丸一日を要するので海で出来るオプショナルツアーとしては一番デラックスな内容になりフィッシングに兼て同時に楽しむ事ができるのです。

遂に迎えたフィッシング初日は、先に奥村さんと間嶋さんがGTを見事キャッチ、2日目のラストに近藤さんが大物を飾って釣果は1人1本づつ!見事全員キャッチで幕を閉じました。今思えば、2日間フィッシングにして本当に良かったですね。近藤さんの皆さんへの思いやりが功を奏し素晴らしい結果となりました。
頂いたお写真は80枚、3人にとって今まで見たことない巨大アジを目の前にアジのシンボルでもあるゼイゴはとても分厚く大きかった事に驚かれてました。

ご帰国後、近藤さんからは「もう現地スタッフとして働きたいです!」と感動したご様子。このお言葉は私としても本当に嬉しい限りです。本当にありがとうございました!

今回のツアーのもう1つの特徴は、前半は内陸ウブド(コマネカアットビマス)滞在、後半は海側スミニャック(マヤサヤン)滞在の組合わせプランで、通常フィッシングをメインとする場合は、沿岸地域のホテルを使うのが主流でしたが、今回のケースのように半分観光&半分フィッシングと使い分ける場合にはこのパターンもアリです。“ウブド”周辺は素朴な田園風景、渓谷、ライステラスなどの景勝地が点在し、爽やかな朝陽が田園風景に差込み、幻想的な雰因気で心が癒されます。沿岸地区は観光化が進んでいる一方、ウブドの素朴な雰囲気は昔のまま。観光客の数も年々増える一方でホテルは予約を取りづらくプレミア的な存在になりつつあります。

たとえフィッシングツアーでも、「ON」と「OFF」はとても大切な事だと思っております。今回は8日間とちょっと長めのツアーでしたが、7日間ぐらいあれば、2つのホテルの使い分けるのも良いでしょう。
最近ではこのWホテル宿泊パターンが増え、短期間の方でもフリー日を日帰りウブド観光にするお客様が増えてきました。

乾季のバリ島GTフィッシング

  • 2012/10/19 15:27
  • カテゴリー:バリ

ファイル 151-1.jpgファイル 151-2.jpgファイル 151-3.jpg

埼玉県にお住まいの松野様、4泊6日(3日フィッシング)のガッツリフィッシングツアー本当にお疲れ様でした。
乾季バリ島フィッシングのフィナーレを見事飾って頂きました。
時期は9月の新月がらみ、赤道付近のバリ島海域は潮の上げ下げが激しく、潮が動けば活性が上がり、潮が止まると釣れなくなる・・・フィッシングにおいては一般論ですが、特にバリ島ではそれが顕著にでます。潮が動き状況が良くなり、時には数匹がチェイスする場面も、全体的には僅かなチャンスしかなかったものの、海面に出てきたGTはしっかりキャッチしてくれました。
フィッシングではヌサペニダ全域を回りますが、ここ最近は東端のバトゥアバよりも、西~南部(パトロール岩、ドーナツ岩、コウモリ岩、その周辺の根)が良さそうです。
普段のシイラ等オフショア経験がものを言い、さすが20代の体力!3日間フルにやり切りました。出てくるGTのサイズは選べませんが、この海域には1人で持ちきれない程の畳サイズも出てくる場合があるので気は抜けません。
ファーストキャッチおめでとうございます。今後、更なるご活躍を心より応援しております。

近場にも十分にGTがおります(モルディブ編)

ファイル 148-2.jpgファイル 148-3.jpg20170316214254.jpg20170316214316.jpg20170316214332.jpg20170316214349.jpg20170316214804.jpg20170316214459.jpg

 横浜在住の前場様ご夫妻、この度はモルディブツアー本当にお疲れ様でした。「モルディブでGTを釣りたい。でも全く初チャレンジですが私でも出来るかな?」そんなお問合せからスタートしました。
今のところボートに乗ったお客さんは全てキャッチしております。ただ唯一筆者(私だけ)が調査時にその記録を破りましたので100%ではありませんが(苦笑)…とお答えすると「じゃあ大丈夫だな」気持を楽にされ(私はちょっと複雑な気分ですが)その後は話はとんとん拍子に進み北マーレ環礁にある“バロス・モルディブリゾート”滞在のフィッシングツアーが実現となりました。

何故滞在リゾート名を書くのか?…といいますとこの「リゾート滞在&スピードボート」の組合せツアーそのものが業界初の試みなのでこうやって実績リゾートを一つつコツコツ増やしているんですね。
今回は初めてGTフィッシングにチャレンジという事で30分程のレクチャー(キャスティングやルアーの操作等)をしてからフィッシングスタート、GTのいる海域で練習なんてとても贅沢ですね。ガイドがデモンストレーションをしている時にいきなりGTが出てきたり状況は良さそう。結果GTだけでも8本、他に大型カスミ、アカマスなど多種多彩な魚に大いに楽しまれました。

この時期はちょうどイスラム教におけるラマダン(断食)であった為、ローカル島のレストランは全店休業状態、ランチは備付けのフルーツで我慢してもらいました。通常時期でもローカル島内でのアルコールは飲めません(リゾート滞在を除き)、また食堂でも簡単な食事ですらなかなか出てきませんので本当のモルディブスタイルを味わって頂きます。もしここが日本国内なら間違いなく「遅い!」とクレームにしそうな内容ですが、参加されたお客様は皆さん「あぁ~本当にイスラム教の中に身を置いているんだな~」と実感されるそうです。もちろんこのパターンは私自身もモルディブの行った時に同じ経験しましたが(笑)このゆったり流れる時間もたまにはいいかな~そう思いました。

世界遺産になったパラオでのフィッシング

  • 2012/09/20 12:40
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 147-1.jpgファイル 147-2.jpeg

東京在住の小出様ご夫妻。この度はパラオツアー本当にお疲れ様でした。
7月に世界遺産に登録されたパラオ、その後は繁忙期と重なり多くの観光客がパラオに訪れております。
小出さんとは5月からのやり取でしたが、飛行機が満席でずっとキャンセル待ち状態、そしてギリギリになって飛行機の席が取れ、その後はトントン拍子に進みパラオツアーが遂に実現。世界遺産に認定された後のタイミングだけに、当初5月とは全く違う見方に変わった事でしょう。
初パラオ&初GTチャレンジという事で、バベルダオブ本島観光、海ではスノーケルポイントを潜り、最後にメインイベントのGTフィッシングにチャレンジ頂き、いわばパラオフルコースを堪能頂きました。
あいにくフィッシング中は風が強く、時折小雨が降りしきる状況を強いられ、船酔い対策として風裏となる穏やかなKBブリッジ周辺の根回りを攻める事になりました。開始早々かなりバイトはあったそうですがなかなかフックアップしてくれず、でも最終的には良型のアカマスを数本キャッチ頂きました。初めて掛けたアカマスの引きは強烈なものだったと思います。その後はライトキャスティングも楽しまれ6日間のツアーが終了されました。
どんな状況でも、どんなお客様でも退屈にさせないところが流石パラオですね。タフなコンディションの中、見事出して頂きありがとうございました。

7月から世界遺産に登録されたパラオ。ちなみに世界遺産の地でGTフィッシングができるのは、ここ「パラオ」とあともう一つ「コモド島」になります。今後そういう場所がどんどん増えてくるかもしれませんね。

「赤」「青」「黒」3点握りセット(in与那国)

  • 2012/09/14 17:33
  • カテゴリー:国内

ファイル 146-1.jpgファイル 146-2.jpg

フィッシュナビ遠征隊長こと、品川・藤寿司3代目の藤田様、
つかの間のお休みに2泊3日(2日フィッシング)与那国ツアーお疲れ様でした。
毎日築地市場にネタを仕入に行き、市場が休みの時(=お店が休み)はフィッシングに・・・・、つまり一年365日魚を触っているお客様です。
恒例の与那国ですが、今回は天気に恵まれ、開始早々カツオのライブベイトでブルーマーリン(クロカジキ)をキャッチ!残り時間はボトムフィッシング(餌釣り)でアオマチ(アオチビキ)、アカマチ(オナガ)、クロマチ(シマガツオ=エチオピア)を調達し、これはお店の寿司ネタとして東京へお持帰りに。遠征中はフィジカル&メンタルを上手くコントロールし、本命マーリンだけでなく見事仕入ツアーもそつなくこなされておりました。きっと今頃は与那国3色にぎりがお店で出ている事でしょう・・・・。本当にお疲れ様でした。

アラスカツアー打上げ(開高健記念会)

ファイル 236-1.jpgファイル 236-2.jpgファイル 236-3.jpgファイル 236-4.jpg

お客様のアラスカツアーから思い出が冷めやらぬ某日、恒例となりつつ記念会の皆さんとサーモン会を行いました。
今回アラスカツアーに参加されたお客様を囲み、釣ったサーモン料理を酒の肴に、ツアー報告、釣り自慢で盛上がりました。参加者は20名、半数は過去にアラスカに参加されたお客さん、そして半数はアラスカの関心があたり興味のある方、色褪せない思い出話に深けたり、アラスカの素晴らしさを話したり、その魅力を分かち合い、来年も行くぞ~と士気を高めてお開きとなりました。これで今年のアラスカ(フィッシング)ツアーが無事終了したと改めて実感しました。
今の世の中、全てが揃って不自由する事はないと思います。でもアラスカに行って感じるのは、まず思う通りにうまく行かない事や不便な事もいっぱい出てきます。でもその不便さはかえって、気持ちを楽にさせてくれ、その環境に順応するのも案外心地よいものです。
■「不便が逆に心地よかった」
■「自分でも気付かなかったが本来人間が持っている本能や順応性を垣間見る事ができたのには驚いた」 
■「一年で10日間ぐらいは自然とガイドに全て身を任せるのもいいもんだなぁ~」
■「アラスカに行くと今まで悩んでいた事が何てチッポケなんだろう」

・・・そのお客さんからの熱い感想が印象的でした。
お客さんが釣ってきたシルバーサーモンをお土産に頂き、翌日自宅で調理して食しました。素直に「美味しいかった」と言えば済む話ですが、筆者私(八鳥)の場合はそうはいきません。
お客さんがアラスカに行くのも大変・・・・、釣るのも大変・・・・、それを持帰ると決心し、それを梱包して段取する事も一苦労です。それが分かっているだけに、目の前にあるサーモンブロックから、長い道のりをしみじみ感じながら人とは違う想いで食させて頂きました。
9月に入るとアラスカは一気に気温が下がり、紅葉はピークを過ぎ、もう朝には霜が降りているとの事でした。10月になれば雪も降り本格的な長い冬がきます・・・・。

開高健記念会/アラスカ釣行ツアー(アラスカ半島編)

20170316202723.JPG20170316202708.JPG20170316202650.jpg20170316202611.JPG20170316202552.JPG20170316203635.JPG20170316203622.JPG20170316203608.JPG20170316203542.JPG20170316203557.JPG20170316203529.JPG20170316203516.JPG20170316203501.JPG20170316203450.JPG20170316203417.JPG20170316203358.JPG20170316203319.JPG20170316203304.JPG20170316203249.JPG20170316202736.JPG

アラスカではサーモンの資源を維持するため河口で遡上するサーモン数をカウントし、数が少ないと一時的に川をクローズ(釣り禁止)します。いわばこのレギュレーションは週に一度更新され、特に旅行者数の多いキーナイ川はモロに影響を受けます。「せっかくアラスカに来たのに釣りができません」・・・という展開はよくある話なので、キーナイを選ぶ場合には“いざという時”の為に他のエリアに移動できる手段を持っておく必要があります。

それを可能にしてくれるのは、ガイドのジョニーのロッジから10分程の所に小型水上飛行機発着場があり、そこからの逃げ道(打開策)を見出してくれます。ただ前編で述べた通り、キーナイ半島はいろいろ楽しめる要素があるのでしっかり押さえておきながらもサーモン遡上状況や天候に応じて柔軟にメニューを決めます。

今回のツアーも例年ごとくレギュレーションに引掛かったので、後半はキーナイ半島を離れ「キャンピング&フィッシング」となりました。行き先は何候補かありますが、その受入先にはジョニーの旧友ランス(このエリア一体のフィッシングを得意とするガイド)がおり、後半戦はこの2人がタッグを組んでお客様をケアーします(いつもの事)。
昨年からランスもフィッシングガイドだけでなく、キャンプ経営もするようになり、そのおかげで大型テントでの快適なキャンプ生活を3日間楽しまれました(※クマが出没するので周囲を高圧電線で囲います)。
ここまでしてしまうと川もほぼ貸切状態、誰にも邪魔される事なく時間無制限に思うがままフィッシングを楽しんでもらいました。

開高健記念会/アラスカ釣行ツアー(キーナイ半島編)

20170316202529.JPG20170316202519.JPG20170316202501.JPG20170316203728.JPG20170316203717.JPG20170316203706.JPG20170316203646.JPG20170316203238.JPG20170316203148.JPG20170316203225.JPG20170316203133.JPG20170316203120.JPG20170316203107.JPG20170316203053.JPG20170316203017.JPG20170316203004.JPG20170316202947.JPG20170316202933.JPG20170316202918.JPG20170316202845.JPG20170316202827.JPG20170316202813.JPG20170316202757.JPG20170316202748.JPG

恒例の“開高健記念会のアラスカツアー”
今年は日本ペンクラブの吉澤様、開高記念会長の永山様、大木様、吉田様の4名様がご参加頂き、計9日間のツアーをお楽しみ頂きました。

作家の開高健さんが亡くなられたのはもう24年前(平成元年)の話、当時まだ13歳だった私はテレビや本の世界でしか知る事ができませんでしたが、ご関係者の中には開高健さんと一緒に仕事をしたり一緒に釣りを共にしたり、そんな方達の思い出ばなしは尽きる事がありません。
ぼぼ毎年企画しているものですが、ツアーにご参加される方の大きな特徴は、複数回の経験がある方もいらしゃいますが、半数以上はアラスカ初チャレンジのお客様です。
でも初めてのお客さんも回数を重ねるうちにベテランになり、アラスカの魅力を更に多くの方に話され、再び新たなお客さんが参加する…アラスカの素晴らしさが連鎖して現在に至ります。
ご参加者人数はその年によって様々ですが、「開高健さん」と「アラスカ」と「記念会とそれに関わる人々」の繋がりはとてつもなく大きなものです。オーパで登場したアラスカの舞台はもう30年ぐらい前の話ですが、その内容は現在も色褪せる事なく、オーパの本でしか知らなかった世界をこのツアーで皆さんが共感する事ができます。

私が思うキーナイ半島の魅力は何と言っても、渓谷、本流、湖沼、原生林、山岳氷河、海岸があり、スケールは違えどもどこか日本っぽさがあります。その大自然に身を置き、釣り、トレッキング、カメラハンティング、キャンプといったアクティビティーが楽しめ、更にフィッシングにおいても、ショアー(岸釣り)、川でのボート釣り、フィッシングキャンプ、海でのオヒョウ&ロックフィッシュ釣り…、いわばアラスカで行えるフィッシングがここキーナイ半島だけでできてしまいます。

キーナイ半島へはアンカレッジから車で4時間(距離にして約200km)、残雪残る山々を見ながら雪解けでグレー色のターナゲン入江沿いを奥まで走らせ、いよいよキーナイ半島の横断に入ると景色が一転、山に囲まれ川沿いにはキャンピングカー、キャンパー、トレッカー、サーモンをぶら下げた釣人達…、その光景はより一層気持ちを高ぶらせてくれます。それも後半になると世界最大キングサーモンが釣れる、まさにキングサーモンフィッシングのメッカでもあるソルドトナ(Soldotona)の町を通過して、⇒キーナイ(Kenai)市内で買物して、⇒そしてジョニーのロッジがあるニキスキ(Nikiski)に向かいます。
アンカレッジからキーナイまでは国内線(飛行機)を使えばたった50分程で移動できますが、景色を略すのはあまりにも勿体ないので、私個人的にも(私が企画するツアーでも)陸路でゆっくり楽しみながら目的地に行くスタイルを取っております。

ツアー前半はキーナイとロシアンリバーをメインに、時期的にレッドサーモンやシルバーサーモン狙い、ドリーバーデン(北極イワナ)やレインボーも混じり、クマの出没にお客さんは大喜び(ガイドはピリピリ)その迫力もアラスカならではの愛嬌?キーナイ半島らしいツアーを堪能してもらいました。

感動の再会

  • 2012/08/17 21:56
  • カテゴリー:バリ

ファイル 142-1.jpg

埼玉県在住のオウ様のバリ島ご釣行、この度は本当にお疲れ様でした。
お客様との出会いはちょうど一年前、弊社フィッシュナビのWEBやブログ等で「バリ島フィッシング」にとてもご興味をお持ち頂き、そこからお付合いがスタート・・・。当初はその年の秋にツアーに参加される予定でしたがやむを得ない事情で急遽中止に、計画そのものが延期となりました。フィッシングツアーの性質上、お客さんのとりまく環境が全て整って初めて楽しくツアーができるものなので、私はその時がくるのをただソっと見守る事しかできません。そんな空白9か月間・・・、むしろ私以上にとても気にかけて頂き、休みの調整がつくと否や私に携帯にご一報くれました!
・・・そこからは今までの空白時間を一気に埋め尽くすべく、打合せも手配もトントン拍子に進み、その2週間後には何とインド洋上でフィッシング!私としてはとても感動的な再会でした。

そして今回挑まれるのは、バリ島の「泳がせ」と「GTキャスティング」。この時期のバリ島は冬のオーストラリアからくる冷たく乾いた風(偏西貿易風)の影響で、観光としては日本の夏よりも心地よい・・。ただその影響もあり海水温が若干下がるのでGTにはちょっと不向かな・・・というのが今までの私の口癖でしたが、ここ数年は高確率でGTを上げているのでシーズンの事はあまり気にしなくてもよさそう・・。更にこの時期はカンパチ、イソマグロ、オオクチハマダイなど「釣って嬉しい、食べて美味しい魚」も狙えるので、こんなのが一本でも上がれば⇒宴会コースで大盛上りすること間違いなし!じきにくるバリ島ツアーを見据え、最高のシナリオに酔いしれ行く前から夢心地にさせてくれるのもこのフィッシングツアーの魅力であります。

この時期の定番ポイントとして、レンボガン島北部のバリハイクルーズ沖にある回遊魚ポイントにて「泳がせ」を開始・・・。ひと流し目でいきなり竿に反応があり何と掛ったのは大きなイソマグロ。フッキングからファイトまで持ちこみましたが最後の最後で残念ながら外れてしまったとの事でした。でもこの幸先の良さは、流石バリ島の実力・・・と感じた事でしょう。しかしその日を境にどんどん潮が悪くなりGTも数回バイトにまで持ちこむも食いが渋くノってくれず、そんな厳しい状況の中でボトムで大きなカサゴを、流しではカツオを一品追加して何とか夕食のおかずに持込めたのでした。やはり大物釣りとなると結果は紙一重、チャレンジ頂いたにも関わらず悔しい結果になり本当に申し訳ない気持ちでした。

ご帰国後、ご自宅に到着されるとすぐにお電話を頂き、「本当に楽しかったよ」と思いがけない嬉しい言葉、バリ島で頑張るスタッフたちとの接しダイナミックで美しいバリ洋上でのフィッシング、オプショナルツアーも含め、ツアーをトータルで評価してくれたのでした。そんなお客様の心の広さには私も脱帽、コーディネートする側であっても、時にはお客さんの言葉に救われ勇気づけられたりします。本当にありがとうございました。

キャンベルリバー(宴コース) ボタンエビ&根魚

  • 2012/08/01 14:22
  • カテゴリー:カナダ

ファイル 141-1.jpgファイル 141-2.jpgファイル 141-3.jpgファイル 141-4.jpg20170217131747.jpg20170217131757.jpg

王道の「サーモンフィッシング」、そして“ 宴 ”をより一層華やかにしてくれるのはこのボタンエビ捕り(期間限定)。サーモンフィッシングの前にエビ籠を沈めてフィッシングが終わる頃にエビ籠を回収するとこの赤い宝石が入っております。赤澤さんもこの“Wチャンス”を心待ちにしており今回はご覧のように大漁でしたので本当に良かったです。

そして是非経験してもらいたいのが根魚フィッシングです。根魚(ロックフィッシュ)とはメバル・アイナメ・ソイ・リングコッドなどを総称して言いますが北米には多種多彩な根魚がおります。でも何故かキャンベルリバー地元の人達は根魚釣りをしないのです。・・・という事は魚達にとってルアー生まれて初めて見る疑似餌なのでスレる事なくそのまま入れ食いになる訳ですね。
サーモン釣りで潮止まりになったらライトタックルでジグやワームを用いて根魚と遊んであげてください。ルアーを落とすと否やルアーの争奪戦のごとく魚が集まりルアーの周りが真っ黒になるほど魚影が濃いのです。今回の釣行では、たった2時間で60尾ほどの釣果で大忙しとの事でした。サーモン釣りの中休みに獲れたボタンエビや根魚の刺身を酒の肴に船上では宴会状態で終始賑やかなツアーとなりました。

カナダ・キャンベルリバー(宴会コース)

  • 2012/07/30 17:52
  • カテゴリー:カナダ

ファイル 140-1.jpgファイル 140-2.jpgファイル 140-3.jpgファイル 140-4.jpg

ついにカナダ・キャンベルリバーのサーモンフィッシングが開幕しました。
徳島在住の赤澤様、吉末様、伊澤様 お帰りなさいませ。この度はカナダツアー本当にお疲れ様でした。
7月という時期はまさにキングサーモンがターゲット!南部群(シアトル~カナダ沿岸を回遊しているキングサーモン)、北部群(アラスカから長旅を経てカナダにくるキングサーモン)がここキャンベルリバーに集結し、街中がフィッシングでお祭り騒ぎになるのです。この時期に釣れるキングサーモンは銀箔を覆ったような魚体で、ニシンやイカナゴを豊食してて栄養を蓄えた丸々太った個体、とても美味しいのが特徴。キャッチしたサーモンは日本へお持帰り頂けるので(検疫にも引っ掛かかりません)、もちろん参加したお客様は皆さん日本へお持帰りです。釣ったキングサーモンを酒の肴に、仲間を集めて大いに盛上がる事でしょう。

キャンベルリバーでのフィッシングレギュレーション(規則)は、キングサーモンについては一日当たり/お1人様/2本迄キープ可能です。その為、今回は3名×3日フィッシングなので、最大18本のキングサーモンをお持帰りOKとなります(理屈上)。初日のフィッシングでいきなり6本をキャッチ、2日目以降~9ヒット中、3キャッチ、6バラシで、トータル3日間で9本のキングサーモンをキープされました。サイズは小さいものでも70cm~、アベレージが80~90cmで、大きいと100cmをゆうに超えます。1人3本というのは十分な量ですね。赤澤さんからは「前半であれだけ釣れちゃったから、後半は気持ちが楽で、いろいろな魚遊びができて本当に楽しかったよ!ボーナスも楽しめたし(後編より)」との嬉しいお言葉を頂きました。素晴らしい釣りを魅せて頂き本当にありがとうございました。

記念すべき第一号のお客様(モルディブ編)

ファイル 138-1.jpgファイル 138-2.jpgファイル 138-3.jpgファイル 138-4.jpgファイル 138-5.jpg

2012年は弊社は新商品として、モルディブツアーをNEWリリースしました。
今年の春に筆者(八鳥)もボートオーナと視察に行って、よし大丈夫だろう・・・と商品化してから約3か月。遂に記念すべき第一号のお客様!それが高瀬様ご夫妻(福岡在住)になりました。
ツアーは万全!私の中では分かっていても、お客さんに提供するとなると全く別物のよう、初めての試みである事も了承頂き、一番目のお客様になって頂き、本当にありがとうございました。
無事ツアーが終え、高瀬さんから貴重なレポートを頂きました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
フィッシュナビ/八鳥様
この度は色々と有難う御座いました。
遅くなりましたが写真を送付させていただきます。リゾートに滞在しながらのデイトリップのフィッシングツアー、唯一懸念されていた桟橋からのピックアップでしたが、当日は時間通りに桟橋にてスムースにピックアップしてもらえ、スピードボートの移動はストレス無く快適でした(自分も過去にバスボートを所有してましたが、乗り心地も断然良かったです)。
雨季にも関わらず天気にも恵まれ、ベストシーズンで無い時期にも関わらず、GTだけでなくアカマスなどもバイトし、結果トータル3本のGTが釣れたので本当に良かったです(ポイント移動を結構してもらいました。スピードボートならではですね)。
そしてローカルアイランドでの昼食はなかなかおもしろくリゾートでは見れない現地の人々の暮らしや風土を見る事ができ、決して綺麗とは言えないローカル食堂で、すぐに出てこない食事を待っていると「ここはモルディブなんだな~」と実感できました(笑)。
また機会がありましたら宜しくお願い致します。
高瀬裕史・由美

今回はマーレから船で30分程にあるソネバキリリゾート滞在/ハネムーン&フィッシングツアーでした。
新たにツアー場所としてモルディブを考えている方たちが、いかにエントリーしやすいようにするかを考えてツアーの完成度を目指していきます。高瀬さん、本当にありがとうございました。

憧れの海外挙式(ハワイ編)

  • 2012/06/30 19:33
  • カテゴリー:ハワイ

ファイル 137-1.jpgファイル 137-2.jpg

千葉県勝浦で歯科医を営むリピーター磯野様ご夫妻。この度は本当にありあとうございました。
昨年ご入籍され、巨大魚も釣って、W祝いのご報告を受けたのは私の記憶に新しい(昨年の8月ブログより・・)。

そんな磯野さんから海外挙式ご計画のお話を頂いたのはつい半年ほど前、このようにお客様の人生の大切な節目にフィッシュナビをご利用頂く事はとても嬉しい限りでございます。もちろんそれだけ重要である事を自覚し私の持っている力をフル稼働します。今回はご両家2家族、ハワイご旅行を兼ねた海外挙式でワイキキでも人気の高いセントカタリーナ教会をセレクトされました。せっかくなので「GTフィッシング」も・・・といきたいところですが時期が外れているため今回はお預けです(ごめんなさい)。それでもお2人をはじめご両家皆さんが大いにお楽しみ頂けたとの事、本当によかったです。磯野さん幸せと今後の更なるご活躍を心より応援しております。本当にありがとうございました。

お客様がツアーが無事終了したという安堵感と、同時に楽しかったやり取りが終わた時に訪れる切なさはフィッシュナビとして私が抱えるジレンマでちょっと辛いところ。そんな嬉し淋しい気持ちを切替えて新たな(再びの)出会いとやりとりに頑張る今日この頃であります。

フィッシュナビも当初は海外ツアーとフィッシングの組合わせだけだったのが、ハネムーンと融合するようになり、去年ぐらいから挙式も加わり、「挙式」「ハネムーン」、「フィッシングツアー」の3つを兼ねたツアー商品に人気があります。そして更にいろいろなオプショナルを展開して、よりオリジナル性を高めるお客様が増えてきました。あくまでも一例ですが、お客様の世代に応じ、求めるものは十人十色。そのバリエーションに応じてお客さんらしい(=結果としてフィッシュナビらしい)ツアーになりますよう、お客さんと共に築き上げていきますのでその時は是非ともお付合いください。

恩師がアトランタの学会に ジョージア水族館観光

20170331141032.JPG20170331141040.JPG20170331141048.JPG20170331141055.JPG20170331141114.JPG20170331141122.JPG20170331141129.JPG20170331141149.JPG20170331141137.JPG20170331141157.JPG20170331141206.JPG20170331141213.JPG

私は北里大学水産学部(現海洋生命科学部)の出身で90年代半~後半は岩手県三陸町(現:大船渡市)で大学生活を送っておりました。
1996年、私が三陸に引っ越し た日、これからお世話になる下宿先の大家さんに「三陸らしいアルバイトはありませんか?例えば養殖とか…漁業とか…」と聞くと、「あ~それだったらアンタにピッタリの▲★*※◎▽?・・(←岩手弁で何言っているのか分からない)と即答された。
鉛筆で書かれたあまりにも簡単すぎる地図を頼りに行き着いた場所 は、越喜来(おきらい)にある三陸町アワビ種苗センター(アワビ種苗生産)でした。まだ右も左も分からず、まるで借りた猫のような私、職員が「早よこれを着れ」と長靴と作業合羽を渡され、この日を境にアワビを中心とした生活となりました。
もともと、こういう事をやりたくてこの大学を目指してきたので、ここでこうしているのは当然な流れでありました。日が経つにつれてアワビが好きで好きでしょうがなくなり、この界の最先端の研究をしている恩師である魚類生理学/奥村教授と出会い、極め付けはアワビの遺伝子の研究(←かなり端折っている)をしておりました。
…という事で学生時代はアワビにまみれ、アワビで育ち、アワビの研究に没頭する日々ではありましたが、この研究は先輩の代からはじまり、私の代へ、そして後輩にまで続くという気の遠くなるような内容でした。卒業してから13年、今でもお付合いが続いている事は少なくても(私にとって)大きな財産であります。

「フィッシュナビ」は旅行会社主体なので、本業のフィッシングツアーはもちろんですが、お客さんの出張(私用も)、フィッシングガイドの帰国(出国)などもお手伝 い等も携わさせて頂いております。それは恩師である奥村教授も例外でなく、アトランタで水産学会がありその手配のご要望を頂きました。ついでに「そうだ なぁ、やっぱアトランタと言ったらジョージア水族館でしょ~」ということで画像をいっぱい撮ってくるよ~と言い残しアトランタに行かれました。
因みにジョージア水族館とは世界最大の水族館(⇒正確にいうと世界最大の水槽)と言われております。

ご帰国後に頂いた画像は250枚を超え、デカかわいいジンベイザメのいる超大型水槽をはじめ、お触りOKなサメやエイの水槽…、南米系、トロピカル 系、深海系、冷水系…など。その展示される魚種においては、(世界共通の海と近代の流通の発展を考えれば)日本とさほど変わる事がないと思います。しかし、恩師曰くその設計に関しては日本とまったく違っていたこと、真ん中の広場を中心に、放射状に広がる展開、しっかりテーマ別に分けられ、見落としがなくとにかく分かりやすかったとの事でした。
プロの目からみた意見は違っておりましたね。水族館の歴史もまだ11年と新しいので、機能的かつデザイン重視も含め、現代風なのでしょう。
「でも、その為だけにアトランタに行くことはないな(笑)」…という簡単なオチで終わりましたが、逆を言えば「アトランタに行った時は是非とも水族館に足を運びください」。

ハネムーン&GTチャレンジ(バリ島)

  • 2012/06/14 18:49
  • カテゴリー:バリ

ファイル 136-1.jpg

大分で牧場業を営む川辺様ご夫妻のハネムーン&フィッシング。
普段はジギングやインチクを得意とする川辺さん、ハネムーン旅行&念願の初GTチャレンジが見事実現となりました。
ツアー日程上、潮は良いので期待(大)と分かっていても・・、分かっていても・・、やはりお客さんのツアー中はいつも緊張します。
でも、帰国早々に川辺さんからお電話を頂き、開口一番「GTって本当に強烈なパワーでした」「20kg後半がこんなに大きいなんて・・」と感極まった嬉しいお言葉を頂きました。
そうですね~、普段WEBなどで見るGT写真はさほど大きく見えなかったとしても実物はかなり大きいものです。その後も海況はよく特大サイズのバイトがあったそうですが残念ながらノらず。でも初めてのGTチャレンジにも関わらず、ツアー中は2本のGTをキャッチ頂きました。間違いなく釣人生の記録魚となった事でしょう、ファーストGTでこのサイズを上げる事はとても大変だったと思います。本当におめでとうございます。

普段、日本ではライトな釣りをメインでされてて、初めてGTチャレンジする場合、ヒットした時の衝撃とラインに伝わる強烈なパワーは想定外で、楽しさというより恐ろしさを感じます。その悶絶しそうになるのを何とか堪えて手にした1尾は間違いなく感動をもたらしてくれます。これこそが「ファーストGT」の魅力だと思います。
川辺さんより「本当に楽しかった!GTフィッシングは凄い!」・・・との嬉ご報告は嬉しいです、本当にありがとうございました。お2人の幸せと、今後のご活躍を心より応援致します。

クロマグロの水揚げ(パラオ)

  • 2012/06/11 16:10
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 135-1.jpg

パラオ沖でとれた正真正銘クロマグロ(Blue Fin Tuna)でございます。「ふぅ~5時間かけて釣りました」・・・と言いたいところですが、それは嘘で台湾漁船がはえ縄で捕ったものです。でも最近はトローリングでも沖合20マイル(約36km)のパヤオ周りで200kgクラスのクロマグロが時々上がります。
きっと巷ではお祭り騒ぎだった事でしょう、その風景をガイドがカメラで撮った一コマです。そしてそのマグロの行方は・・・聞いた話によるとパラオ財閥の方が$7,000で買ったそうで、果たしてそれがいくらに化けたのでしょうね(内緒)。きっと港は魚の匂いよりも、お金の匂いがプンプンしてそうです。
一度でいいから、「それ一本買うからちょうだい」・・・と言ってみたいものです。

W満喫ツアー(フィッシング&ダイビング)ツアー

  • 2012/05/14 20:13
  • カテゴリー:パラオ

ファイル 133-1.jpgファイル 133-2.jpgファイル 133-3.jpgファイル 133-4.jpgファイル 133-5.jpg

京都在住の吉澤様ご夫妻、この度はパラオツアー本当にお疲れ様でした。パラオ旅行は初めてとの事。GTフィッシングをはじめいろいろな事をしたいとご要望を頂き協議した結果パラオの2本柱!フィッシング&ダイビングのスペシャルコースに豊かなパラオ海の遊びをフルで楽しめる内容になりました。

GTフィッシングは「やりたい」という気持ちがあればチャレンジできます。ダイビングをする際にはCカード(ライセンス)取得が絶対条件ですが(体験ダイビングを除き)ツアー期間が許せばツアー中にも取得できます(みっちり講習&試験をしますが)。でも吉澤さんはせっかくのパラオに行くのだから現地では思いっきり楽しみたいとの事で日本で事前にダイビングライセンス無事に取得されパラオに備えたのでした。ツアー前半にフィッシングを後半にダイビングなどを組入れWスペシャルツアーが実現となりました。

GTフィッシングそのものは初めてとの事。でもしっかりバイトまでは出して頂きましたがうまくノってくれずキャッチに至らず(悔)でもライトキャスティングではお二人とも多くの魚をキャッチし釣った魚をレストランに持込みナンヨウカイワリは握りにハタはアクアパッツァにて舌鼓をされパラオを丸ごと楽しんで頂きました。
吉澤さんからも「GTは悔しかったけどダイビングも含めたくさんの魚と戯れることが出来ほんとに楽しい時間を過ごす事が出来ました!またリベンジします」と嬉しいお言葉を頂きました。これをお仕事の原動力に今後のご活躍を心より応援しております、そしてツアーが恋しくなったらいつでもご一報くださいね。今度はGTリベンジです!本当にお疲れ様でした。

ページ移動

ユーティリティ

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

新着画像

TOP