バハマ情報

バハマ国

バハマ国 ジェネラルインフォメーション

国  名

バハマ国(The Commonwealth of the Bahamas)

首  都

 ナッソー (ニュー プロビデンス島)

面  積

 全島を合わせて約1万3878km2 

人  口

38万2,825人(2014年)そのうち約21万人がナッソーのあるニュープロビデンス島に住む

時  差

日本との時差は−14時間。3月第二日曜日〜11月第一日曜日がサマータイム

言  語

英語  クレオール語

民  族

アフリカ系85%、ヨーロッパ系白人12%、そのほかアジア系、ヒスパニック系など

宗  教

キリスト教が多い

通  貨

バハマドル BS$ (米ドルはどこでも使用できる。)

電  圧

 電圧は120Vで周波数は60Hz。プラグの形状は日本と同じAタイプ。

気  候

平均気温は冬が12月〜3月が21度前後、夏が6月〜10月が27度前後。
夏は32度まであがり、冬は15度まで下がることもある。
雨量は年間1000mm〜1500mmに達しそのほとんどは夏に降る。7月中旬〜10月はハリケーンシーズン

チップ

あり。タクシー15%程度 レストランはサービス料が含まれる場合は不要。含まれない場合は15%程度。

飲料水

水道水は飲まない方がよい ミネラルウォーターをおすすめします。

査証(ビザ)
パスポート残存期限

日本人は不要。但しアメリカを経由する場合は日本出発前にESTAの取得が義務づけられている。
帰国日から6ヵ月以上の有効期限と未使用1ページ以上が必要。
また入国時に、出国用の予約済み航空券(または乗船証)と十分な滞在費用が必要。

滞在期間

観光目的の場合はビザなしで3ヵ月まで滞在可能。

税  金

出国税 USD34 ほとんどの航空券に含まれています。

両  替

事前に米ドルをご持参下さい。 米ドルはどこでも使用できます。US$1はBS$1と同等価値。

病  院

医療費は高額なので日本ご出発前に保険加入をおすすめします。

クレジットカード

VISA・マスター・アメックスなどが流通している。JCBはほとんど使えない。

レストラン

ナッソーには高級レストランから庶民派レストランまで数多くあります。

タクシー

黄色いナンバープレートが正式なタクシー。メーターはついていないのがほとんど。
料金を確認してから乗車すること。

レンタカー

国際免許での運転は不可

物  価

高い。特に食べ物、衣料品など

ローカルフード

コンクサラダ、コンクフリッター、フライドフィッシュなど

タバコ持込
注意

タバコやアルコール類には持込み制限があります。
その他,植物,動物,果物,野菜,肉,麻薬,銃剣類の違法な持ち込みは禁止されています。

持ち出し

外貨の持ち出し制限もありませんが,現地貨については,200バハマ・ドル以上を持ち出す場合は,中央銀行の許可が必要です。また,米国へ向け出国する場合は,バハマ出国時に米国の入国審査がありますので,米国の外貨申告要領に従って所持金等を申告してください。

お土産

ストロー(やしの葉)で作られた工芸品、 ラムケーキ等。

通信事情
WIFI・電話

携帯電話は国際ローミング対応機種があれば、音声通話、データ通信とも利用可能。
データ通信は海外データ定額サービスの対象にもならないため注意が必要。
詳細は各携帯会社に事前にご確認下さい。バハマ国番号1 
*インターネット・WIFI
ナッソーではWIFI が利用できるホテルが多い。スーターバックスやダンキンドーナツにも無料のWIFIが有る。
 
*国内・国外電話
日本への電話のかけ方:011+ 81+ (0を除いた市外局番号)+相手の番号 
公衆電話からプリペイドカードを使ってかける場合: 「バハマズ・ダイレクトBahamas Direct」というプリペイドカードをキオスクか電話局で購入し、裏に書いてあるアクセス番号を押して、相手の番号を入力する。
ホテルからかける場合はホテルにより異なります。

国内通話はアトランティスは、現在ナッソー市内通話料が無料、
他のホテルの場合、ナッソー市内は1分、約$1.00となります。

*上記の情報は予告なく変わることもございますので参考程度にお考え下さい。最新の情報を収集して下さい。

◆持ち物

●水着 ●ラッシュガード ●薄手のウインドブレーカー(ボートコート) ●帽子 ●サングラス  ●日焼け止め ●ドライバック 
●日焼け後のスキンケア ●目薬  ●スノーケル&ゴーグル(現地レンタルもあります)●タオル ●蚊よけスプレー ●虫刺され薬
●簡単なファーストエイドセット  ●クレジットカード(VISA MASTER AMEX)等
*海のオプショナルツアーではドライバックに荷物を入れて持ち運びされると濡れても安心です。
*雨天時には少し寒いので薄手のウインドブレーカーがあれば便利です。 

◆病院事情

ほとんどの観光客の方は私立の総合病院Doctor's Hospitalに行かれます。
国立の総合病院もありますが、待ち時間が尋常ではないぐらいかかりますので、お勧めできません。この私立と国立の総合病院のみが緊急の診察を受けてくれます。医療保険にご加入の場合でもバハマの病院では、ご自身でまずお支払いをして頂き、帰国後に保険会社に費を請求する流れに通常なります。その際、請求が高額になる場合があり、クレジットカードを保証として切らないと診察自体をしてくれませんので、必ずクレジットカードをお持ち下さい。

◆スーパー・コンビニ事情

お土産物屋やブランド品のお店はダウンタウンに集まっています。
スーパーマーケットは高級食材系のソロモンフレッシュマーケット、 一般的なスーパーですと、スーパーバリュークオリティーマーケットがあります。
ショッピングモールはモール・オブ・マラソンというモールがあり、 服、ブランド、ホームセンター、映画館、フードコート、靴、スポーツ用品などが揃います。
コンビニはありません。ガソリンスタンドについているショップは24時間開いているところが多いですが、遅い時間に行くことはお勧めできません。ジュース、水、お菓子等売っています。
値段はジュースが$1.50〜$3.50位です。

◆注意事項

*常夏で日差しが強いので日焼け対策と水分補給を小まめに行いましょう。
*蚊などの虫刺され対策
*カリブ諸国の中では治安は比較的よいですが、観光客を狙ったスリや置き引き、ひったくりなどが発生していますので手荷物の管理には十分注意しましょう。夜間の裏路地など徒歩移動は避けましょう。
*怪我・病気などの対策で海外傷害保険ヘ日本ご出発前にご確認下さい。

◆ご質問やご相談はお気軽に・・・

私共は中南米・カリブ専門店でバハマの現地事情の事なら何でもお任せ下さい。